VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Radio de VALETUDO!!」 2007.10.21 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.10.21 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Englishman in New York / 羊毛とおはな

今、僕たちが一番聴いてて、一番推薦しているディスクがこれ。ちょっと前にLive in livingというタイトルでミニアルバムを出していたんだけど、これが好評ということで11月16日にアルバムリリースとなります。柔らかいやさしい声が魅力のおはなと羊毛のギターとのアコースティックデュオが「羊毛とおはな」。

聴いてもらったEnglishman in New YorkはStingの名曲だし、Nokkoの人魚、Carol KingのSo far awayもすごくいい感じ。オリジナルの「おまもりのうた」は、密かにポストハナレグミ的な涙さそうアコースティックソングで、個人的にも大好きな曲です。12月には、久々のValetudo!!でもライブが決定!みなさん、お見逃しなく!

羊毛とおはな61512B3MIxGL__SS500_


■ JAZZ REASON SIDE selected by TORU a.k.a mr.mellow

Lover come back to me / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ
Somethin' stupid feat. リリー・フランキー / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ
Geishas in the day / Nomak
Keep in the pocket feat. Talib Kweli / DJ Deckstream
Merry go round / AYB Force
Hold tight / Dave Dee
Chick habit / April March

面白いニューアルバムとなった「わたしのうた / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ」から2曲を聴いてもらいました。これまでのPort of notes~畠山美由紀路線とは180度違うゴージャスな、そしてちょっとレトロなビッグバンドジャズが楽しい1枚だ。リリー・フランキーとのデュエットも渋い。下半期に来て、上位に食い込むできばえ。

そして、日本のトラックメイカー「DJ Deckstream」のアルバムも好評ですが、「You've Got To Have Freedom / Pharoah Sanders」をサンプリングしたKeep in the pocketは久々にHiphopでやられました。Talibのフロウもバックトラックにあってるし、僕もiPodではヘビロです。最後は、トール推薦映画「グラインドハウス~デス・プルーフ」のサントラから。「Laisse Tomber les filles / France Gall」のカバーなんですが、久しぶりに聴いてびっくりっていうのと、トールがこいつをセレクトって意外なところで2倍びっくりです(笑)

blue_hats_jk_L 畠山美由紀 わたしのうた 80yhgperfg


■ VALETUDO SIDE mixed by Masayoshi Enjoh

Take my time / Breakestra
Sniffin' & snatchin' / The Soul Snatchers
Shake your rump / Beastie Boys
Lesson 2 / Double Dee & Steinski
Are you my woman / Chi-Lites
My baby just care fore me (re-edit) / Nina Simone

1曲目は、Sister funkでかっこいい「Take my time / Breakestra」ですが、生ファンクとかやっぱり好きなんだなぁと思いつつ、Speedmeterとか、最近いいのがたくさんでてます。そして、Beastie。大切に今もたまに針を落とす1枚だ。今聴いてもフレッシュな生ファンクって感じでかっこいい!

続いてはJames Brownのmegamixなんでんすが、エディット系でも伝説化しているLessonシリーズから。まったくほんとに濃ゆい曲作ったもんだ。オタフクソースたっぷりのお好み焼きにカレーかけるくらいの濃さです。で、「Crazy In Love / Beyonce」ネタ、「Are you my woman / Chi-Lites」ですが、こんな70's Soulとか、いまいい感じです。グルーヴィーだし、変なダンストラック聴くよりもストレートでわかりやすいし。

beastie boys hey ladies shake your rump 82h3r


スポンサーサイト

« 上越市 くびきの温泉「門前の湯」★★★★☆|Top|ムンク展 @国立西洋美術館 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/324-784170c2

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。