VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Radio de VALETUDO!!」 2007.08.19 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.08.19 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Route 66 / Linda & The Big King Jive Daddies

1998年に名古屋で結成されたNEO SWING BAND。1940'S-50'sのJUMP~SWING系のカバーアルバムとなってる。akikoも前作「Little Miss Jazz And Jive」は、小西康陽をプロデュースにむかえたジャイブアルバムをリリースしてたのが記憶にも新しい。そのakikoのアルバムにも収録されていた「I Want You To Be My Baby」を先んじてカバー。面白い人たちがいるものです。

51QXEBJQJBL._AA240_.jpg


■ JAZZ REASON SIDE selected by Masayoshi Enjoh

Feeling free / Nicole Willis & the Soul Investigators VS the Dynamics
Everybody loves the sunshine / Robert "Dubwise" Browne
Move on up / The Dynamics
Paradise / Dubsencemania
Everything under the sun / Nostalgia 77
Wildflower / Nostalgia 77

大好きなNicole WillisをThe DynamicsのPachworksがREMIXというか弾きなおし。原曲はねっちょりしたSOULだったのが、ゆる~いワンドロップ系のトラックに挿しかわってんだけど、完全に別曲で相当かっこいい。久々のHITです。最近、フランスのREGGAEというか、The Dynamicsがいい仕事してる。Curtis MayfieldのMove on upのカバーもロックステディーな感じの中に、垢抜けた仕上がりになってるところがセンスいいです。

カバー続きで、SadeのParadiseをやってるのが、日本の誇るダブバンド「Dubsencemania」。本家にも勝ると劣らない気持ちのよさはさることながら、見事にダブ化。7インチないのかな?さて、最後の2曲は、最近のクラブジャズでは話題のNostalgia 77はTru Thoughtsから。今回はLatinチックなインストと、killer jazz vocalのWildflowerを。ジャイルスも結構かけてるらしいです。ヴォーカルジャズとしても聴けるので、オススメのアルバムです。

Nostalgia_77-Everything_Under_The_Sun_b.jpg


■ VALETUDO SIDE mixed by TORU a.k.a mr.mellow

Because of you / Ne-Yo
Be ok / Chrisette Michele
Walk a little closer / N-Tyce
淡々と煌々(Mitsu the beats RMX) / The Corona
Since or before / Tuomo

改めて説明は不要と思われる「Because of you / Ne-Yo」。そして、ディレクターも局でプッシュしようかなくらいの発言も出た「Be ok / Chrisette Michele」。ともにDef Jamということなんだけど、Def Jamと聞いて連想するのがLL Cool J、Public Enemy、Run DMCということで(笑)、最近どうなってるのか全然知りません。「Could You Be Loved / Bob Marley」ネタのトラックが微妙にいいです。

先日金沢でも沸かせてくれたMitsu the beatsのREMIXものを。今度ヘリオスのスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでもライブを見せてくれるThe Coronaですが、トールおすすめバンドということで、みなさん行きましょう。最後は、北欧のCurtis Mayfieldなどと呼ばれている(らしい)「Since or before / Tuomo」を聴いてもらいました。特に目新しさもないかわりに、ほっとする何かがこういう盤にはあるのよね。

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド web-site
http://www.sukiyaki.cc/

tuomo.jpg

スポンサーサイト

« 「日展100年」@国立新美術館|Top|日本三景「天橋立への旅」 »

コメント

昔の話題にしか反応できないオイラが来ましたよ。
Def Jamと聞いて連想するのがLL Cool J、Public Enemy、Run DMC!!笑
ガチです!☆
そして忘れちゃいけない、Beastie Boys!パーティ~!

あ、ほんとだ。
ビースティー忘れちゃいけない!
あと、スリックとか。
昔話は尽きないなぁ・・・・v-275

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/309-d44a4159

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。