VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Radio de VALETUDO!!」 2007.02.18 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.02.18 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Tell Me 'Bout It / Joss Stone

20070224151213.jpg

今回はこれまでと少し趣向を変えてジョス・ストーンのブランニューで。プロデュースはラファエル・サディークで、爽やかなギター、そしてネオクラシックソウル経由のセンスある70'sな仕上がり。勿論beatもがっちりです。ニコル・ウィリスにしてもfunkyな音がきているなぁと感じる流れです。これはいい!


■ JAZZ REASON SIDE selected by Masayoshi Enjoh

Woodcat / Tunng
Going home (acoustic ver) / Big Bang
This time (I'm Gonna Dub It My Way) / DJ Shadow
Lady montego / Ayers Rock
Blow up a-gp-go! / James Clarke
In the name of love / Kenny Rankin

kennyrankin.jpg

前半はボクのセレクトってことで、今回は「フォーキー」ということをキーワードにお届け。近年、またフォークが来ているようですが、より範囲は広がって「フォーキー」という感覚で割っているような気がします。まずはフォークトロニカの代表格ともいえるTunngのアルバム「Comments of the inner chorus」からの1曲。現代のサイモン&ガーファンクルって風情で心地よい。

そして最近ヘビープレイしている7インチの「This time (I'm Gonna Dub It My Way) / DJ Shadow」。フォーキーに響くギターもかっこいいfunkyなシングルです。続いて、オーストラリアのプログレバンド?の「Lady montego / Ayers Rock」は、意外にも昔からジャズDJにも人気の高い曲ですが、男前なフォーキーソウル。これはちょうどirmaのコンピレーション「Folk, jazz & poetry」にも収録されているので探しやすいかも。

最後には「In the name of love / Kenny Rankin」。フォーキーと言えばはずすことができないな。ジャズバージョンもいいけど、アルバム「silver morning」に収録のこのバージョンは、ギター、スキャット、ともに超絶でいて、聴く人にはゆったりとした空気間を併せ持つ奇跡としかいいようがない永遠のフォーキーグルーヴ。


■ VALETUDO SIDE mixed by TORU a.k.a mr.mellow

I thought it was U / Kimiko Kasai + Herbie Hancock
Ridin' / Amp Fiddler
Mystic bounce / Ronnie Foster
Los conquistadores chocolates / Johnny "Hammond" Smith
Cannibal rock / Jazztronik

d0045900_7403124.jpg

後半はトールのミックスで。最初は、Herbie Hancockがプロデュースした笠井紀美子の名盤「Butterfly」の1曲をリエディットしたシロモノ。ハービーのエレピも最高に気持ちよく浮遊してて、Funky Jazzから80'sへシフトしていく感じがとてもよく出てる。続いてAmp Fiddlerのアルバム「Soul Strut」からのRidin'。このアルバムでも、今月のピックアップで登場したラファエル・サディークが絡んでて、やはりこの辺りではかかせない人物のひとりか。

ミックスの後半はロフトクラシック~レア・グルーヴでもある「Los conquistadores chocolates / Johnny Hammond Smith」ということで、テンションも一気に上がるばかり。最後はジャズトロということで、毎度、野崎良太氏のセンスにはまいります。よくこんなペースでリリースが続くもんです。メロディ、リズム、アイディアが湧き出てくるような感じなんですかね。今回もグルーヴィーなセットが気持ちよい後半でした。


スポンサーサイト

« パリ8日間|Top|金沢増泉の洋食屋「クック / cook」 ★★★★★ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/287-901e6837

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。