VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京JAZZ FESTIVAL 2006 「SONYA KITCHELL / Words Came Back To Me LIVE」 @ COTTON CLUB

最近忙しすぎで、こんなにブログをアップしてないのも前例ないくらい。そんな中でもオキラクライフが大切だということで、仕事の合間にCOTTON CLUBへ行ってきました。「東京JAZZ FESTIVAL 2006」の一環で、「MARUNOUCHI JAZZ CIRCUIT」と題して丸の内周辺でもイベントがいろいろと。で、以前から機会を探していたCOTTON CLUBでは「SONYA KITCHELL: Words Came Back To Me Tour」がスケジュールされていたので行くことに決定。

20060914143204.jpg

ソーニャ・キッチェルは、ポスト・ノラ・ジョーンズの大本命とかいう触れ込みで各メディアでもプッシュ中のアーティスト。まぁこの時点で多少身構えてしまう部分もないではないが、たまたまインターネットで視聴してみた時に好感触だったこともあって、アルバム「Words Came Back To Me」を購入したばかりのことだった。17歳とは思えない渋さがいい。ノラ・ジョーンズってよりも、ジョニ・ミッチェルやアーニー・ディフランコって感じに近い。

sonyakitchell68546725764529654546.jpg

個人的には密かに結構聞いているノラ・ジョーンズだけど、当たり障りなく無難にこなす癒しのノラと違って、前述のジョニ・ミッチェルやアーニー・ディフランコのような「魂がはみでる音楽」をやっているあたりが僕の好み。アルバムも間違いない内容だが、COTTON CLUBのような間近に見られる箱でのライブがこの人らしくいいんじゃないかな。LIVEは、ソーニャ・キッチェルのヴォーカル、ギターに他にもギターが一人、ベース、ピアノ、ドラムの4人編成。演奏もまずまず。

COTTON CLUBは、ちょうどBLUE NOTEと同じような感じをイメージしてもらえれば。で、LIVE開始になり、ちょうどボクの真横を大きな人が通り過ぎて行ったと思ったら、それが本人。ジャケットでは気にならなかったけど、横にデカイわけ。これじゃぁアイスクリームとチョコレートバーを食べ過ぎたアメリカ娘だ(笑)。でも2、3曲聴くうちに、あぁオレは音楽を聴きに来たんだなぁと我に帰る素晴らしいステージ。弱冠17歳でこの渋さは、今後期待大ですね。欧州ではVerveからのリリースも正式決定ということで、ワールドワイドな活躍を今後も見守りたいな。COTTON CLUBもなかなかよかったですよ。では。

20060914143657.jpg


ソーニャ・キッチェル オフィシャルウェブサイト
http://www.sonyakitchell.com/

東京コットンクラブ
http://www.tokyo-jazz.com/jp/index.html

東京ジャズフェスティバル2006
http://www.tokyo-jazz.com/jp/index.html



スポンサーサイト

« 高岡「長岡小嶋屋」のへぎそば|Top|「Radio de VALETUDO!!」 2006.08.20 (Sun) 19:00-19:55 ON AIR »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/248-07866ca5

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。