VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Radio de VALETUDO!!」 2006.08.20 (Sun) 19:00-19:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2006.08.20 Sunday evening 19:00-19:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ selected by Masayoshi Enjoh

Night in Tunisia / UA × 菊池成孔 from album 「cure jazz」(2006)

20060827130857.jpg

今月セレクトしたのはまだリリースされて間もないアルバム「cure jazz / UA × 菊池成孔」に収録されている「Night in Tunisia」を聴いてもらいました。このアルバム、UAのJZZ VOCALアルバムというだけにとどめておくのはもったいない。菊池成孔の緻密な計算の基に構築された嘆美なジャズアルバムとしても楽しむことができる作品になっている。

全体的に落ち着いたジャズバラッドが多く、cure jazzの名にもふさわしい選曲がされている。半分がカバー作で、半分がオリジナル曲になっているが、どちらも自然に同じ枠の中におさまっている。アルバム中では最もグルーヴィな「チュニジアの夜」を今回は聴いてもらいました。



■ JAZZ REASON SIDE selected by Masayoshi Enjoh

Ordinary people / Aloe Blacc
Midnight marauders / Fitchi feat. Joe Dukie
Beautiful name / Moomin'
What a wonderful world / Cubismo Grafico
After Hanabi / Nujabes
Fallin' / Teenage Fanclub + De La Soul

20060827130911.jpg

新人Aloe Blaccですが、エブリデイレコード堂井さんにすすめられてトライしてみたんだけど、Soul~Latinの微妙な泥臭さがあってなかなか良い感じです。John Legendのヒット曲のカバーですが、ありがちの胡散臭さは全然無くて、むしろうまくラテンカバーに消化してて、かっこいい。アルバムも期待大ですね。

ところで、ボクらのDJクルーの宮西崇に長女が誕生。そんなわけで生まれてきた陽葉(ハルハ)ちゃんの誕生を祝って、「Beautiful name / Moomin'」をオンエアしました。そして昨日、ボクの大切な友人エブリデイレコード堂井さんにも第二子が誕生。その2時間後、彼はライブのためにイベント会場に来てましたが(笑) そんなわけで長女悠衣(ユイ)ちゃんの誕生も祝って、この曲をささげたいと思います。おめでとう。

そして、9月23日、金沢8Hallでのライブ・DJも楽しみでならないNujabesの7inchから「After Hanabi」をセレクト。夏の風物詩である花火の音をサンプリングして、ゆるい夏のけだるさが感じられるダウンビートです。かっこいい。9月23日の8Hallも是非遊びに来てください。最後には、懐かしい「Fallin' / Teenage Fanclub + De La Soul」。ドノバン、Chris Pierceなど気持ち良いサーフ系のプレイが多い最近ですが、Fallin'もまさにこの辺に直球ど真ん中。93年の作品。


■ VALETUDO SIDE mixed by TORU a.k.a mr.mellow

The garden / Cut Chemist
Canto de ossanha / Jurassic 5
So good today / Ben Westbeech
Mishaps happening / Quantic
ウェザーリポート / 一十三十一

20060827130922.jpg

B面のStormが激烈にかっこいいシングルですが、今回はA面でAstrad Girbertoのマッシュアップといった方がはやいThe garden。マッシュアップとしてもかなりかっこいいのには違いないんだけど、著作権はクリアしてるのだろうか。途中から重なってくるブレイクビーツがきっとフロア映えするだろう1曲だ。

そしてニューアルバムもかなりかっこいいJurassic 5からは「Canto de ossanha」。HIPHOPにBossa風味はもうtoo muchという気がしないでもないが、ワールドカップの影響を受けてか、J5を離れたCut Chemistにしても、ブラジルネタのリリースがやまないですね。個人的には、J5の「Work it out / In the house」のシングルが最近ではかなりキテます。最後は、先日の富山ライブも大好評だった「一十三十一」のウェザーリポートで。来月のラジオデバリトードもよろしく☆


今後のスケジュールはこちらです




スポンサーサイト

« 東京JAZZ FESTIVAL 2006 「SONYA KITCHELL / Words Came Back To Me LIVE」 @ COTTON CLUB|Top|京都への旅 其の二 ~鴨川納涼床、三十三間堂、鳥せい etc. »

コメント

「Beautiful name / Moomin'」ありがと!オンエア聞き逃したよ。残念!

re:

このためくらいにしかかける機会ないかも(笑)
サボテンの花のカバーが一番よかったよ。

素敵な歌のプレゼント、ありがとう!

LOCOLATEの時、NICE TIMEでも「BEAUTIFUL NAME」やっとけばよかった、と今にして思った。

FALLIN'!! イェ~!!

re:

BEAUTIFUL NAME、持ち歌じゃないですか(笑)
そもそもNICE TIMEの印象の方が強いけど。

お家で吹いてあげて☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/247-92d889ee

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。