VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンド「六本木」のライブ @金沢もっきりや

1月9日(月祝)の夜、ライブに誘われて遊びに行ってきました。場所は金沢片町にあるJAZZ通には馴染みのお店「もっきりや」。事情があって少し遅れて到着したんだけど、すでにオープニングアクトの「ミハルカス」が始まってた。この間のイベントでもナイスなライブを披露してくれたばかりでしたが、今回も「思わず目を閉じてしまう系」のしっとりとしたJAZZYなライブがさすがでよかったです。

MIHARUKASU0109.jpg

さて、今回のメインは「六本木」のライブ。実はこのライブのチケット、一人前売りで3,000円する。「六本木」がどんなジャンルで、どんな人たちかも全然知らなくて、ただ付き合いみたいなところもあって行ってきたんですけど、十分元とってきました(笑) ミハルカスをみたら、ビールちょっと飲んで、さっさと帰ろうくらいのテンションでしたが、「おいおい、このバンド最高じゃん!」って感じで、「ビール、ビール、おーい大瓶で」くらいにテンションはあがりまくり。

このライブでは、ピアノ、ベース、ドラム、サックスのカルテット構成で、コルトレーンの「NAIMA」や、チャーリー・パーカー「CHI-CHI」などをプレイ。他にはファラオとか、サックスもブロウしまくりの2時間以上に渡る熱いプレイでした。

20060111001246.jpg

と言いながらも、「THE ROOTS」をもっとブルージーにしたような、そう、初期の「SOULIVE」のようなHIPHOPテイストとか、ドイツのアブストラクトジャズHIPHOPの危ない感じとか、そんなディープなアレンジがあったり、最近のRicky-tick関係の「The Five Corners Quintet」「Jukka Eskola」「Timo Lassy」などなどを感じさせるものまで、めちゃくちゃかっこよく決まってて、”演奏だけをとっても”とても楽しめたライブでした。特にボクは昔から雑食性が高いDJでもあるので、そういう面でも刺激があって、めちゃめちゃ面白かったです。一緒に観てた「Luvtheque」のコースケ氏とも、こいつぁヤバイねって、感じで話してて。

で、演奏以外にも面白かったわけですよ。リーダーの富樫春生氏のしゃべりが。もう2セット目はずっと腹抱えて笑いっぱなしで、もう「BLUE NOTE」と「吉本新喜劇」が一緒に楽しめてお得です、くらいの(笑) 

ボク的には、「六本木」のCDを買うことはないかもしれない。でも明日またライブをやるんなら、絶対に見に行くと思う。そういうバンドがあって全然アリだと思うし、そんなバンドに出会えて一音楽ファンとしてとてもうれしい気持ちです。また金沢でやる時は、みなさんも是非。

今回のイベントのウェブサイト http://mystar-nw.com/
富樫春生の世界 http://www.hal-oh.com/

P.S. 富樫氏は、かの吉田美奈子とのプレイしてたり結構有名な方だったりすることや、メンバーの面々もセッションプレイヤーとしての実績が豊富だったりと話題はいろいろあるものの、そんな話題どうでもいいやと思うほど内容が良かったので、あえて本文では触れませんでした。URLを書いておいたので、いろいろどうぞ。

スポンサーサイト

« 映画「ヴェニスの商人 / The Merchant of Venice」@シネモンド|Top|仕事始めと繁盛祈願 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/170-d0334e3c

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。