VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「キングコング 2005」観てきた 

こいつはヤバイ。いつもよりちょっとだけ前の列に座ってみるのがおすすめだ。迫力あるコマーシャルに、この映画を観たいと思っている人も多いと思うけど、決して期待を裏切らないシーンと展開の連続だと思うよ。しかも3時間という長~い時間も全然感じさせない。

kingkong1.jpg

で、その長い映画のためにLLサイズのポップコーンを購入したが、全部食べ切れなくて持ち帰りました。まぁそんなことはどうでもいいんだけど、何が良かったかっていうと、まずCGのすごさ。ジュラシックパークをはるかに越えるであろう、スカル島の恐竜の映像。コングとの闘いのシーンなども超リアル。っていうか、ホンモノだと思って見入るくらいの出来栄え。

あと、スカル島では、結構虫がやばいです。かなり苦手なシーンでした・・・うぅ。あと、原住民との戦いは、正直怖い。あ、監督は、「ピーター・ジャクソンa.k.a死霊のharawata」ね。子供が泣いても知らねぇぞ。

kingkong2.jpg

それと、この映画、密かに泣きが入るので。オリジナルもそうだったのかもしれないけど、この時代に、この歳で観るキングコングは、ダム決壊でした・・・。まぁ評論めいたことを言うつもりはまったくありません。中盤まではストーリーは無視して、単純に映像のド迫力を楽しむ。後半は、コングの心情の機微に触れてみる。嗚呼、正月娯楽映画ですねぇ。わかりやすくていいぞ。あと、ナオミ・ワッツも美人だし、演技もよかったし!(笑)

オフィシャルウェブサイト http://www.kk-movie.jp/top.html

★★★★☆ 4.1
スポンサーサイト

« キムカツだ|Top|12/17「noel des anana feat. vice versa @social」イベントレポート »

コメント

B級ホラーの「ブレインデッド」、心理描写でベネチア映画祭受賞の「乙女の祈り」、そして最近ハリウッドでSFXに磨きをかけたジャクソン。
ブレインデッドで出てくる島の名前と今回の孤島の名前が同じ「スカル島」なのは何かの偶然か、それともマニアックな監督ならではのジョークか。
海洋アドベンチャー→ゾンビ映画→ジュラシック・パーク→キングコングという多彩なジャンルを無理やりまとめた彼らしい作品だったと思う。

ピーター・ジャクソンといえばマイケルのスリラーですよ!(笑)
ヤバイね。
今回のキングコングのミソは、旧作では完全に悪役だったコングが、良い側として描かれてる部分ですかね?
いまどきといえばいまどきなのですが、昔小説を読んだときの想像力が少し和らぐかな?
まぁそれ以上にピーター・ジャクソンの映像が凄いってことなのでしょうな。

>エケコさん

ブログにもありましたが、僕も思ったのは「オペラ座の怪人」との共通点。かなわぬ恋という部分で会い通じるものがあるかと。で、コメントに気づいたんだけど、死霊のはらわたじゃなくてブレインデッドでしたね。さすが良く知ってらっしゃる!

>SP-K
マイケルのスリラーもですか!(笑)
それはやばい事件ですな。さすがダンスの巨匠。孫の手でも届かぬ領域の情報サンクスです。しっかし、すごい映像でしたね。もう1回みたいな、劇場で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/163-9313d431

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。