VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「真夜中のピアニスト / De battre mon coeur s'est arrete」最高でした

「それでもピアノが・・・・そう思える彼は本物なのだろう。あたしは彼を羨ましく思った。彼の境遇や、生きて行くには繊細すぎるその魂を知った上でも。」と書いた作家「室井佑月」のコメントを改めて読んでみると、ぐっと胸を締め付けられる思いに駆られる。

pianist.jpg

主演は「ルパン」「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリスで、ジャック・オディアールが監督の映画「真夜中のピアニスト / De battre mon coeur s'est arrete」ですが、残念なことにこのタイミングでは渋谷アミューズCQNのみでの上映。11月からは全国で9ヶ所のミニシアターでのみ細々と展開されるが、今後のDVDでのリリースでは是非観て欲しい映画のひとつだ。

舞台はフランス。28歳のトムは、不埒な父と同じ不動産の悪徳ブローカー。ある日、幼少の頃師事していたピアノの先生と出会い、亡き母と同じようにピアニストの道を夢見ることになる。リアルな暴力と退廃の日常と心癒されるクラシックピアノとの時間。直球のわかりやすい設定だが、余計な部分がないからこそ、心の機微、微妙に揺れ動く心情が見事に描き出されていることに気がつくし、あらゆる情景においてその美しい描写に、フィルム・ノワールであることを確信させるものがある。

PIANIST2.jpg

ちょうど公開日で、一番最初の上映時間に観てきたんだけど、かなり周りは年齢層高かった。ボクが高いというのだから、相当高いです。(笑) この映画観たら、また鍵盤触りたくなるかなという淡い思いもあったんだけど、単純に映画に陶酔して帰ってきました・・・。でもこの映画ももう一度観たい映画です。ほんとよかったよ。

★★★★☆ 4.1

オフィシャルウェブサイト(http://www.mayonaka-pianist.com)
スポンサーサイト

« 「三軒茶屋」下町のぬくもり|Top|「Radio de VALETUDO!!」 2005.10.23 (Sun) 19:00-19:55 ON AIR »

コメント

最高ですよねー

>微妙に揺れ動く心情
の描写が秀逸でしたよねぇ。
とても気に入っています。

観客の年齢層が高いというのは意外ですー

ほんと良かったですよね

すみません、TBだけでなく、コメント
いただいてたの気付くのが遅くなりました。

えと、ボクが行ったのは初日の初回上映で、関係者の人たちが少し心配そうにフロアで固まって、様子をうかがっていたのですが、丁度横を通る時に言っておりました。

「結構年齢層高けーよぉ」

で、入ってみると、あ、結構マダムがおられますねぇ。ピアノの先生だったりするのかななどと、いろいろ考えてましたけどね。印象だけでモノをいっちゃいけないと思いますが、この初回上映の平均年齢は30後半から40近くではないかと・・・。

ま、そんな余談はどうでもよくなる出来栄えの映画でしたよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/144-12bbaa30

フランス映画祭で 『真夜中のピアニスト』

生エマニュエル・ドゥヴォスに感激。会えなかったけど、やっぱりロマン・デュリスはいいよね!第13回フランス映画祭横浜2005 に顔を出してみました。みなとみらいはかなり久しぶり。いつのまにやらこんなにいろんな建物が完成していたのですね。みなとみらい線が東横線とつ

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。