VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンへの旅

仕事はダブリンで終えているので、ロンドン・ヒースロー空港経由で帰国するのをいいことに、ロンドンに寄ってきました。さんざんベタに観光してきたよ。やはり世界有数の大都会であることには違いないんだけど、前回のブログ記事のコメントで堂井さんも言ってるように、統一感のある街並みという点では、NYよりもずっと古い建物を大切にしているので歴史を感じさせるものになっています。

KN001009.jpg

一番良かったのは、ノッティングヒル・カーニバルでした。ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント出演の映画「ノッティングヒルの恋人」でも知られる街ですが、この日はいつもと風情が変わって大変なことになってました。思ったよりもすごい人・人・人!出演しているグループも盛りだくさんで、リオのカーニバルは行ったことはないが多少は比較できるくらいの規模なのではないかと思われる。しかしながら、このロンドン滞在中、デジカメの関係で大部分の写真が消滅。残念。

ロンドンは最近テロもあり、多少危険も懸念されているわけですが、昔からイギリスは宗教的な戦争でも知られている国ですね。教会もすごいのがたくさん残っているんだけど、その割には教会の中が歯医者になってたり、カフェになっているものもある。ちなみに「Sherwin Gardner」なるREGGAEシンガーのライブを見たんだけど、とある教会の中でやってるわけで。そんなエグイことも教会の中でゆっちゃっていいんんですかって。(笑) ま、ついでにリリースとなるアルバム「Who I am」も買ってきました。ライブはすんごい人の量と騒ぎでした。

KN001013.jpg

あと、名所となるところはほとんど行ってきたかな。ナショナル・ギャラリー(国立美術館)、コートールド・ギャラリー、セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ教会、アイマックスシネマ、国会議事堂、ビックベン、ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿、セントポール大聖堂、ロンドンブリッジ、タワーブリッジ、ロンドン塔、サザーク大聖堂、大英博物館、ロンドン大学、ハイドパーク、ケンジントン宮殿、コヴェント・ガーデン、ロンドン・アイなどなど、地図を見ながら備忘メモがてら挙げてみましたが、まだまだ歩き回ったなぁと感慨深く思い出していました。コヴェント周辺が面白い街だったかな。

KN001004.jpg

上の写真は、大英博物館の中です。ダブリンでも書いたとおり、古くからの建物に新しいデザインが融合しているいい代表例だと思う。素敵だ。イギリスの博物館や美術館は、強制的に入場料をとったりしていないところも面白い。入り口に募金箱みたいなものがあって、みんなそこに3~5ポンドほど入れていく。

世界3大博物館ということもあり、すんごい所蔵品でした。NYメトロポリタン美術館もよかったが、どちらも甲乙つけ難い。大英博物館は、ロゼッタストーンとかミイラとかが人気らしい。マミーは1体かと思いきや、見た限り15体はあった・・・。パルテノン神殿の装飾壁とか、よくこんなのが残ってるよな。もともとこういうのが大好きなので、夢中になって歩き回りました。世界中の素晴らしい所蔵品の中での、また異彩を放っていた日本芸術。改めて自国の文化の素晴らしさも実感。国内のものもまたいろいろ見て歩こうと思ったよ。

KN001027.jpg

宿泊は、大英博物館から1ブロックほどにある「Hotel Russel」(上の写真)という3つ星ホテルに泊まってましたが、比較的閑静なところで、ヴィクトリア調の建築もよいし、内部は近代的に改装もされてるけど、古いものも結構残されていて、好印象でした。ラウンジバーのインド人もいいやつで、結構相談とかわがままも聞いてくれたし。ロンドンのビール談義をしたのが思い出されます。

こんな感じの初欧州でしたが、こんなに街並みがよいとは。残りの人生、あとどれくらいの国を訪ねられるかわかんないけど、もっともっと僻地にも行ってみたいし、世界遺産とかもたくさん見てみたいなぁ。
スポンサーサイト

« イベント「Locolate」に参加してきました|Top|Other days of DUBLIN »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://valetudo.blog2.fc2.com/tb.php/127-e6bfc86e

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。