VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぜそば・ジャンクガレッジ@大崎

最近スープオフってやつが増えてきているような中で、頭一つ抜けて話題になっている大崎のジャンクガレッジに行ってきた。スープオフゆーても、油そばとか、そんな感じじゃないのって思ってたんだけど、まぁそれは様々なタイプがあるようで、一言に油そばとは表現できないってことなんだな。

nfwd;ouirgfprilbf.jpg

さて、そのジャンクガレッジですが、お隣にあるつけ麺でも名高い六厘舎がプロデュースするお店。丁寧でその端正な仕事が光る同店ですが、ジャンクガレッジは店構えからしてジャンクで、メインに据えられる「まぜそば」も相当ジャンクに具が放り込まれてて、思想がもう180度違う感じ。まさにガツンとくる次郎インスパイア系である。個人的に次郎はあまり・・・ってところなんだけど、この「まぜそば」はかなりいける!

基本の「まぜそば」にトッピングはカレー以外全部のせ、チーズ、たまご、豚増し、大盛でオーダー。これ、決して美味しいという類ではありません。しかし食べていくうちに、2種類の歪なちぢれ太~中太麺のブレンド麺に独特の濃い油スープ、マヨネーズにチーズなどの味が忽然と一体になった時、これまで食べたことのない微妙な味に中毒になっていくようで、最後には箸を置くとそこには空っぽのどんぶりとうまいですの一言が残る。まさにone and onlyなラーメンだ。また来るぞ。(駅から遠いけどw)



スポンサーサイト

「Radio de VALETUDO!!」 2007.12.23 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。毎年12月は1年を振り返ってのベストトラックを厳選してチョイスしています。今年は日本勢がほんとによかった1年でした。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.12.23 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Winter Wonderland / akiko

富山でのライブも毎回好評のakikoですが、小西康陽プロデュース2作目となるクリスマスアルバム「a white album」もなかなかよくてシーズンにはお世話になった人も多いはず。The Ska Flamesの演奏もばっちりで、アルバム中異色ですが、飛びぬけていいですね。ジャズ、ジャンプ&ジャイヴ、ドラムンベース、スカにブレイク・ビーツと多彩な曲たちがうれしい1枚です。

31fRy-GMl6L__SS500_.jpg


■ 前半 selected by Masayoshi Enjoh

Time is love / Quasimode
Smooth operator / 青木カレン
Ariane / Jimi Tenor & Kabukabu
笑う月 / 中山うり
Sentimental Journey / 扇谷一穂
Tell me 'bout it (Yam Who? club reworks) / Joss Stone

Quasimodeのアルバム「The land of freedom」からは、先月もオンエアした「object in the mirror」にもお世話になりましたが、どちらも伝説なジャズシンガー「Carmen Lundy」をフューチャーしていてうまくクラブジャズとモーダルな路線との融合がなされていたように思います。かなりよかったですね。

また、先月紹介したSadeのカヴァー「smooth operator」の青木カレンを紹介。彼女のアルバムではNirvanaのカヴァーなども面白かったですね。声も大人っぽくて素敵です。それから中山うりは、個人的にかなり上位のランクインで、アコーディオンの弾き語りが素敵なシンガーソングライターで、今後要注目です。音的にもジプシースウィング、ミュゼット、タンゴって今までにちょっとなかった感じでいいですね。

ここFM TOYAMAでもパワープレイになってた扇谷一穂もオリジナリティがあって好きなアーティストでした。2作目のフルアルバムも出たばかりなので、今年は各地でライブが見られることでしょう。僕もどこかで観ようと計画中です。前半の最後は、トニーズのラファエル・サディークのプロデュースで斬新な作品をリリースしたJoss Stoneのシングルから、Yam Who?のリワークを。オリジナルとはかなり雰囲気はDeep house~ガラージュな感じで、ダンストラックではボクの2007年度No.1です。

thelandoffreedom_400x400.jpg


■ 後半 selected by TORU a.k.a mr.mellow

The way it is / Donavon Frankenreiter
淡々と煌々 / The Corona
Morning child / 4 Hero
今夜はブギーバック2007 / Hello Works

2度目の富山公演が記憶に深いドノバンからの1曲です。ここ数年のサーフミュージックブームの影響か、アコースティックなものの充実、音楽を通してのリラグゼーションというライフスタイルの中での音楽の位置づけが変化して来ているようにも思います。それからスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでのライブが好評だったThe Corona。Latin Jazz Bandだけども、クラブ世代の人達らしい音が新鮮でした。

アコースティックな音使いやソウルっぽいものに最近はいいものが多いと思うし、それは数年の傾向でもあるけど、4heroもまたまたやってくれました。過去にもLes Flue、Wishful Thinkingなどの極上メロウソウルをリリースしてきた彼等ですが、今回もハートにドキューンと響く名曲を放ってくれました。トールもボクも、車でヘビロだった1曲です。

そして、後半の最後はスチャダラパーとスライマングースがコラボレイトしたユニットHello worksから今夜はブギーバック2007を。当時一世を風靡し、ラップが市民権を得た名曲でもありました。ヴォーカルには小沢健二にかわってハナレグミをフューチャーってことで、これは見逃せないでしょ!僕もアルバムリリース日にCD買いに行きました(笑) アルバムは全体的にロックテイストもありますが、新しいHIPHOPの形が提示されてて面白いですよ。

B000KGGHNS morningchild 4hero


■Ending

おまもりのうた(Band version) / 羊毛とおはな

12月15日の金沢でのvaletudo!!でもライブを披露してくれた「羊毛とおはな」。2007年一番お世話になった人達と言っても過言ではないと思います。イベント後会う人、会う人、みんなあのライブよかったね~と振り返る素晴らしいライブでした。当日イベント前に撮ったPVがYoutubeでも観られるようになっているので、是非どうぞ。そして1月リリースするニューアルバム「こんにちは。」から、新録の「おまもりのうた」をバンドバージョンで聴いてもらいました。リリース前のプロモってことで僕たちからの最高のクリスマスプレゼントになったことと思います!

LRTCD-021B羊毛とおはな こんにちは


羊毛とおはな オフィシャルウェブサイト
http://www.youmoutoohana.com/

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。