VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広島焼 HIDE坊」@新橋本店

新橋を歩いていたら、HIDE坊を発見。確か、以前Vシュランで石ちゃんが出ていたような記憶があったので入店。さすが満席近い状況だったが、一人だったのでカウンターに滑り込んだ。スペシャル焼き(肉、イカ天、げそ)をオーダー。中身は、そば、うどん、なし、から選択できる。うどんが気になるが、次回にして、オーソドックスにそばにしました。オプションで半熟卵のせで。

写真はウェブサイトからの拝借・・・
g185127pm1_b.jpg

出てくるまでの間、ビールに、クリームチーズのワサビ醤油和え、牛すじをいただく。クリームリーズの~は、チーズがサイコロ型に小さくカットされていて、鰹節、ねぎ、そしてワサビ醤油がかかっている。これがいける。家でも簡単に作れそうなので、おすすめです。

さて、本命の登場。見た目よりもあっさり味になっていて、カウンターのオタフクソースとマヨネーズを好みで追加。コテを入れると、しっとりと蒸されたキャベツとそばに半熟卵がトロリと絡む。端っこのそばはカラリとクリスピー感があり、外かりかり、中はふっくらでおいしい。キャベツの甘み、生地とたまご、そば、ちょっと甘めのソースなどのマッチングがとてもいいあんばいだ。うまかったです!

g185127ps2.jpg

広島焼 HIDE坊
東京都港区新橋4-10-7 吉田ビル1F
03-3437-6608

http://hidebo.jp/menu/index.html


スポンサーサイト

「日展100年」@国立新美術館

日展と言えば、国内では最大の公募美術展ということで、その100年の歩みを一挙に見せてくれるとなれば、行っておかないと。ずっと日本で暮らしているのに、海外の作品の方が馴染みがあって、日本の画家のことを全然知らないなぁといつも思う。ということで、東京ミッドタウンの国立新美術館にやってきた。

少女/中村彝
20070827011806.jpg

重厚かつ繊細な日本画の中では、上村松園の花がたみもよかったし、山本新太郎の読書の後、中村彝(つね)の少女などに見られる西洋絵画の影響を受けた作品も、面白いと思った。後は、石崎光瑶の燦雨は、横幅4m近くある屏風で、一見の価値あり。とにかく語り尽くせぬほどの作品数。

燦雨/石崎光瑶
20070827012143.jpg

またもや単純なおいらは、日本絵画というものに魅了されてしまった。これからまだまだ時間もあるから、日本絵画を見て歩くことを一生のライフワークにしようと思う。もっと日本のことを知りたいし、もっと日本のものに触れたいと思う。

読書の後/山下新太郎
20070827012018.jpg


日展100年 ~一目でわかる!日本の美術この100年 
国立新美術館 9月3日まで

http://nitten100.jp/


「Radio de VALETUDO!!」 2007.08.19 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.08.19 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Route 66 / Linda & The Big King Jive Daddies

1998年に名古屋で結成されたNEO SWING BAND。1940'S-50'sのJUMP~SWING系のカバーアルバムとなってる。akikoも前作「Little Miss Jazz And Jive」は、小西康陽をプロデュースにむかえたジャイブアルバムをリリースしてたのが記憶にも新しい。そのakikoのアルバムにも収録されていた「I Want You To Be My Baby」を先んじてカバー。面白い人たちがいるものです。

51QXEBJQJBL._AA240_.jpg


■ JAZZ REASON SIDE selected by Masayoshi Enjoh

Feeling free / Nicole Willis & the Soul Investigators VS the Dynamics
Everybody loves the sunshine / Robert "Dubwise" Browne
Move on up / The Dynamics
Paradise / Dubsencemania
Everything under the sun / Nostalgia 77
Wildflower / Nostalgia 77

大好きなNicole WillisをThe DynamicsのPachworksがREMIXというか弾きなおし。原曲はねっちょりしたSOULだったのが、ゆる~いワンドロップ系のトラックに挿しかわってんだけど、完全に別曲で相当かっこいい。久々のHITです。最近、フランスのREGGAEというか、The Dynamicsがいい仕事してる。Curtis MayfieldのMove on upのカバーもロックステディーな感じの中に、垢抜けた仕上がりになってるところがセンスいいです。

カバー続きで、SadeのParadiseをやってるのが、日本の誇るダブバンド「Dubsencemania」。本家にも勝ると劣らない気持ちのよさはさることながら、見事にダブ化。7インチないのかな?さて、最後の2曲は、最近のクラブジャズでは話題のNostalgia 77はTru Thoughtsから。今回はLatinチックなインストと、killer jazz vocalのWildflowerを。ジャイルスも結構かけてるらしいです。ヴォーカルジャズとしても聴けるので、オススメのアルバムです。

Nostalgia_77-Everything_Under_The_Sun_b.jpg


■ VALETUDO SIDE mixed by TORU a.k.a mr.mellow

Because of you / Ne-Yo
Be ok / Chrisette Michele
Walk a little closer / N-Tyce
淡々と煌々(Mitsu the beats RMX) / The Corona
Since or before / Tuomo

改めて説明は不要と思われる「Because of you / Ne-Yo」。そして、ディレクターも局でプッシュしようかなくらいの発言も出た「Be ok / Chrisette Michele」。ともにDef Jamということなんだけど、Def Jamと聞いて連想するのがLL Cool J、Public Enemy、Run DMCということで(笑)、最近どうなってるのか全然知りません。「Could You Be Loved / Bob Marley」ネタのトラックが微妙にいいです。

先日金沢でも沸かせてくれたMitsu the beatsのREMIXものを。今度ヘリオスのスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでもライブを見せてくれるThe Coronaですが、トールおすすめバンドということで、みなさん行きましょう。最後は、北欧のCurtis Mayfieldなどと呼ばれている(らしい)「Since or before / Tuomo」を聴いてもらいました。特に目新しさもないかわりに、ほっとする何かがこういう盤にはあるのよね。

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド web-site
http://www.sukiyaki.cc/

tuomo.jpg

日本三景「天橋立への旅」

お盆休みもスケジュールがいっぱいだったので、近場の京都府天橋立まで行ってきました。北陸からの交通は、金沢から敦賀まで高速で約1時間半ほど。敦賀からは、国道27号線をひたすら走る。敦賀~美浜~小浜~舞鶴~天橋立って感じですか。途中、舞鶴で軍艦が見えたので、Uターンして見に行ってきた。自衛隊基地があって、申込書を書けば無料で乗せてもらえる。

2007_08190096.jpg

そして訪れたのは、「舞鶴港とれとれセンター」(笑)。1個500円の激デカイ岩牡蠣を目の前で開けてもらいほおばる。そして「海鮮丼ととや」にて、「うにいくら丼」大盛をいただく。これが予想以上の新鮮さでウマイっ! こいつはオススメです

2007_08190099.jpg

一行はその後も、思いつきの無駄な寄り道を重ね、天橋立に到着(http://www.amanohashidate.jp/)。船に乗って、反対側の岸までいくことにする。船が通るので、橋は移動式なのが面白い。

2007_08190100.jpg

クルーズして向こう岸に着いてからは、ケーブルカーで登っていく。美しい光景が広がる丘のてっぺんには、「股のぞき台」というのがあり、このように上下逆に見てみると、続く陸地が天にかかる橋のように見え、まさに絶景。しかし、「股のぞき台」とそこらじゅうに書かれている看板を見て、ちょっと赤面してしまうのはヤマシイ気持ちがあるからか。

2007_08190130.jpg

帰りには、若狭湾の絶壁に立っている炭火焼のお店で、魚介類の炭火焼きや、かに天丼などなどを美しいサンセットを見ながらいただく。そして以前から恒例となっている温泉へ。「ふじつ温泉」というところで、お湯は透明な弱アルカリ系で、ほっこりしました。近いうちに日本三を制覇したいものです。

2007_08190145.jpg


今月の釣果@金沢港

この間、カナコとアミを連れて(連れられて?)、金沢港へ釣りに行ってきました。港会館のすぐ先には、家族連れも多く、気軽に行ける感じ。餌はオキアミをプラカゴに入れて釣るサビキでやってきました。針を落として20秒もすればすぐに子アジとか鰯がかかる。むしろ釣れすぎてつらい(笑)

2007_08190075.jpg

なかなかのアジも釣れてゴキゲンでした~。釣ってきたやつは、しばらくバケツに泳がして、クーラーボックスに入れ持ち帰り。大きいのは刺身、小さいのはフライにして南蛮漬けにしてみました。今度はもうちょっとデカ目のやつ狙いで行ってきま~す

2007_08190080.jpg



映画「トランスフォーマー」条件付★★★★☆

相当ド肝を抜かれるCMでも話題のトランスフォーマーを観に行ってきた。元は80年代の日本製のダイキャストがオリジナルで、アメリカの方でも人気が出てアニメも作られたのが、この度めでたく映画化ということになったとのこと。

20070809175847.jpg

ストーリーはとにかく幼児向けだが、やはり映像がヤバイってコメントもお約束か。金属生命体のボットがトランスフォームする度にニヤケてしまうのは無理もない。子供が狂喜するのも当然なくらい、自然に、あの夢見た動きがCGにより実写映像にのっかってくる。個人的にはステルスF22にトランスフォームするディセプティコンが最強な感じがしたよ(負けたけども・・・)。次編が決定したということで、期待も膨らむ!

20070809175830.jpg


トランスフォーマー オフィシャルウェブサイト
www.transformers-movie.jp/

新宿御苑

休日返上で仕事している我々を見かねて、ビジネスパートナーが新宿御苑に連れて行ってくれた。新宿御苑の敷地は、天正18年(1590)に豊臣秀吉から関八州を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、譜代の家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷の一部とのこと。その後、皇室の庭園となり、国民公園になった。入場は200円である。

20070803194719.jpg

御苑の中にあるレストランでランチをして、日本庭園を中心に1時間くらいの散歩。新宿の喧騒を忘れさせる静かな環境が、本当に貴重だなぁと思う。結構たくさんの人が、のんびりと芝生に転がっている様子もピースフル。息が詰まりそうになったら、ちょっと立ち寄るのもいいかも。

20070803194729.jpg


Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。