VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「シンデレラマン」 なかなか泣ける★★★★☆

ラッセル・クロウ、あんた最高の役者だよ。何でそんな顔できんだよ、泣けるじゃねーかよ。(T_T) 個人的に稀代の役者としてアル・パチーノを愛してたりするわけなんだけど、ラッセル・クロウも大好きな役者の一人だ。

20060331234547.jpg

これまで「L.A. コンフィデンシャル」「インサイダー」「グラディエーター」「ビューティフル・マインド」「マスター・アンド・コマンダー」などが主演作品として思い出されるところだろう。これらのラインアップを見た時に気が付くのは、どれもがいい映画であることには違いないんだけど、意外と泣かせてくれる映画は「ビューティフル・マインド」くらいなものだということだ。

<ストーリー>
ジェームズ・J・ブラドック(ジム)はかつて、将来を期待されたボクサーだったが、アメリカ大恐慌に襲われるのと同時に、彼の戦績も急降下を辿る。そしていわれのない理由からライセンス剥奪、そして戦線からの離脱を余儀なくされる。肉体労働に就いても不況で仕事にありつけず、食料や電気料金の支払いも滞る一方。妻・メイや子どもたちにこれ以上苦労をかけたくない─。ジムは盟友のトレーナー、ジョーの助けを得て最後のチャンスをつかむ。それは、愛する、守るものを抱えた落ち目のボクサーが、一発大逆転を賭けた“絶対に負けられない勝負”であった。

20060331234530.jpg

パターン的には「ロッキー」と変わりない。ただ、何の目的で戦うのかという命題に決定的な違いがある。無論シンデレラマンにおいても主人公がボクシングを愛していることに違いはないのだが、家族と家族の生活を守るために戦い抜くという点と、それが実話であると言う点が涙を誘うわけだ。

思いっきりベタなハリウッド映画だが、ここまで徹底すると潔い。「ブリジット・ジョーンズの日記」でも知られる「レネー・ゼルウィガー」の演技は平均点だが、ここはむしろジムのマネジャー役「ポール・ジアマッティ」が名演を見せてくれるので全体のバランスもよく、男のロマンを感じさせてくれるのだ。こう感じるのは男のエゴかもしれないがね。

オフィシャルウェブサイト http://www.movies.co.jp/cinderellaman/

20060331234538.jpg


スポンサーサイト

韓国アカスリ初体験、こんなにいいものだったのか。

最近はすっかり温泉フリークになってしまって、いろんなスパなどにも行ってみているんだけど、どこへ行ってもよく見るのが「韓国アカスリ」。30分程度で4,000円近くの金額をとられるのは法外だ!なんて正直、今までは思ってた。でも、結構リピーターは多いし、悪い話も聞かないし、ならやってみようかっていうことで。

普段からちょっと時間があったら立ち寄るのは東金沢駅近くの「湯けむり屋敷 和おんの湯」なんだけど、この間いざ決心して申し込みに行ったら2時間待ちだったため見送り。一度気になると納まらない性格なもので、次の週に行った「天然温泉 加賀 ゆめのゆ」にてチャレンジすることにした。

2006_0325200601010177.jpg

「ゆめのゆ」のHPにメニューがないので、ちなみに「和おんの湯」ではこんなメニューになっている。相場よりもちょっとだけ割安になってるような気がする。

Aコース(30分)  アカスリ+ボディシャンプー  3,500円
Bコース(45分)  Aコース+顔パック+オイルマッサージ  5,000円
Cコース(60分)  Bコース+海草+塩もみ+ミルクマッサージ  7,300円
Dコース(80分)  Cコース+温シップ+漢方  9,800円

確か、お試しコースで背中のみ15分というのが1,500円とかであったと思う。「加賀ゆめの湯」でも1,800円で背中のみのコースがあった。いろいろ聞いてみて、基本の30分コース3,600円にすることにした。担当は韓国人のおばちゃんだが、もちろんサウナパンツみたいなやつをはくので、安心ですw。シャワーをしてもらって、がんがん擦っていくんだけど、アカが出るわ出るわ。

※イメージです。もちろんオレじゃないですw。
20060329003518.jpg

その後、流してもらって、石鹸で洗いながら、擦って、乳液で仕上げ。頭も洗ってもらえるし、受付とかでも行ってたけど、あとは湯船につかるだけ。これはラクチンだ。しかもツルッツル!30分コースだったけど、実際には40分近くしてもらったし、大満足。これで3,600円は安い。しっかし完全に一皮剥けたくらいすっきりしたし、有り得ないほどツルツルなので、これはまたやりたい。おすすめです。


和おんの湯 http://www.waonnoyu.com/index.html
加賀 ゆめのゆ http://www13.ocn.ne.jp/~yumenoyu/




かわいい、かわいい「COCOちゃん」と公園に行ってきたの巻

2006_0325200601010145.jpg

先週の土曜日は、COCOちゃんと辰口丘陵公園へ遊びに行ってきた。結構な人出でしたよ。COCOも、たくさんの人と遊んでもらって、広いところで随分と走り回ったので、最後の方はクタクタになっとりました。というか、おいらはただでさえ先週タイヤ交換でぎっくり腰になってたのに、一緒に走っててたらさらにダメージ倍増で・・・。

2006_0325200601010172.jpg

まだ子供だからかもしれないけど、何せ歩いている人、走っている人など、動いているものが大好きなので、相手をしているのも大変だ。と言いながらも有り余るほどのかわいさがあるので、おじさん、頑張っちゃうんだけどな。

2006_0325200601010166.jpg

さてさて、この日の夜は、POOLでLATITTUDEに、NOSPACEではHWYがゲストでクボタタケシという賑やかしいイベントだらけだったのですが、日曜日には本業の方で今年の一年を大きく左右する大切なイベントがあったので、大事をとって欠席。残念。しかし、日曜日のそちらの方は大成功を収め、うれしい限りです。今日はこの辺で。では。

(おまけに雪を食べるCOCO:1月頃だったかな)
2006_0221200601010279.jpg

「Radio de VALETUDO!!」 2006.03.19 (Sun) 19:00-19:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2006.03.19 Sunday evening 19:00-19:55 ON AIR


■ 今月のピックアップ selected by TORU a.k.a mr.mellow

Closer / Ernesto

クラブジャズ~フューチャージャズ関連のアーティストによりプロデュースされた、4月2日にリリースとなるアルバム「Ernesto / Find the form」からいち早く紹介。もともとは、ゲスト参加したSTATELESS(ANDREAS SAAG)の「FALLIN‘ INTO」がクラブミュージックで絶大な人気を呼び、一躍脚光を浴びた。

その後も、SWELL SESSION名義で「LET ME DECIDE」、シングルカットされたSTETELESS feat. ERNESTO「BRINGIN‘ ME DOWN」(AGENT MIX)、SEASON FEAT. ERNEST「JUICE (AFRONAUGHT MIX)」と立て続けにスマッシュヒットを飛ばし、2004年にはCOMPOST RECORDSの看板アーティスト、BEANFIELDのアルバムにも大々的にフイーチャーされた。「北欧のジャミロクワイ」と評判になってるとのことです。そうそうたるメンバーのプロデュースですので、下記のリストをご覧アレ。

20060320215851.jpg

2006/04/02 Release
FIND THE FORM
01. Held (Atjazz)
02. Sick n tired (Seiji)
03. I get so alone (Swell Session)
04. Earn my faith back (Nils)
05. Closer (Swell Session)
06. Eyes for crying (Yukihiro Fukutomi)
07. Cut myself off  (Hird )
08. Save me (Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive)
09. Let go (Dj Kawasaki )
10. Wake up just to find (Mark de Clive-Lowe)  
11. Where did you go (Swell Session)



■ JAZZ REASON SIDE selected by TORU a.k.a mr.mellow

Just a little lovin' / Valerie Etienne
Blue dance / Orchestra Roland Kovac
Ordinary Joe / Nujabes feat. Terry Callier
Flowers / Nujabes
Hebe / Jhon Beltran

Irfane - Outlineによる「Just a little lovin'」のリリース以来、同曲のカバーが目に付くようになりました。基本的にやはりジャズアレンジが多いですね。今回は、元ガリアーノでも知られる「Valerie Etienne」によるバージョンで聞いてもらいました。Nik Westonもプレイしてるとのことです。

前半ジャズリサイドの目玉は、アルバム「Nujabes / Modal soul」を紹介。セバジュンによるJazzyなHIPHOP。端正かつ確かな仕事が高く評価されている一方で、処々の事情で昨年秋にリリースされたばかりのアルバムは廃盤。ヤフオクなんかでも値が釣りあがっているそうです。でも、4月にHMVから再発されるそうなのでご安心あれ。今月のトールの推薦盤です。

nujabes.jpg



■ VALETUDO SIDE mixed by Masayoshi Enjoh

Talkin' all that jazz (Jazz conversation) / Stetsasonic remixed by Tommispaxxx soulz
Luck of lucien (Main mix) / A Tribe Called Quest
French kiss / Fantastic Plastic Machine
All I do (House mix) / Stevie Wonder
The light (Copyright classic mix) / Reel People feat. Vanessa Freeman

後半のMix showはボクの担当でした。1曲目は、数々のミックスが存在するステッツァソニックの「Talkin' all that jazz」。今回プレイしたのは、「Tommispaxxx soulz」なる人物によるリミックスというかマッシュアップ。イントロのJAZZYなピアノにうっとりしているとはじまるDADDY-Oのラップと、ニヤリとするタイミングでHouse Beatが入ってきて、久々にぐぐっとくる仕上がりです。

続けてHip Houseで、トライブを。番組でも紹介しましたが、92年にUK盤でリリースされたリミックスアルバム「Revised Quest for the Seasoned Traveller」からの1曲です。このアルバム、いま聴いて欲しいオススメアルバムなのです。ちょっとエキセントリックで、チープかつインチキ臭いプロダクションが面白くて、当時も結構ここからプレイしたりしてたんだけど、クロスオーヴァー全盛の今だからこそ、再評価してもいいのでは。REGGAE、HOUSE、DANCE、HIPHOPを包み込んだポップミュージックとして聞いてもすごく面白い!

さて、2月22日にリリースされたFPMの新作「Imagination」からのシングル「French kiss」を紹介。勿論、Lil Louisの例のヤツです。それを生バンドでカバーしたっていうのが、何かと話題です。Saigenjiも参加、そしてパーカッションは兄弟のようですが、誰か、ボクにそっと教えてください。「Percussion Sessions」などのようになっていくのでしょうか。後の2曲は、全体のバランスをとってヴォーカルもので。スティーヴィーはブート、「Reel People」は、ファーストアルバムの「SECONDO GUESS」をよく聴きましたが、最近未発表曲も入れて、さらにライブバージョンとの2枚組で再リリース。これも見逃せないね。

20060320214507.jpg



Schedule

■4/1(Sat) 24:00-24:55

Old Mellow Days @ FM TOYAMA 82.7
DJ:
Hiroaki Imakoshi
Enjoh the Jazzreason


■4/8(Sat) 21:30-midnight

JAZZ REASON @ POOL (free charge)
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh the Jazzreason
Takashi Miyanishi


■4/16(Sun) 18:00-18:55 ※これまでより1時間早い放送になります

Radio de VALETUDO !! @ FM TOYAMA 82.7
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh the Jazzreason


■5/13(Sat) 21:30-midnight

JAZZ REASON @ POOL (free charge)
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh the Jazzreason


■6/10(Sat) 24:00-24:55

Old Mellow Days @ FM TOYAMA 82.7
DJ:
Hiroaki Imakoshi
Enjoh the Jazzreason

「ステーキハウス 七兵衛」のホワイトステーキ 最高

前は白山市(旧松任)にあり、いまの金沢市内は泉が丘に移転してからも、知る人ぞ知る和牛ステーキの名店だ。こじんまりした店舗の大きさも調度良く、すべてマスターが焼いてくれるという安心感がある。七兵衛の肉は和牛のみで、ヒレ・サーロインと重さのセレクトをするのみとなっていて、マスターのこだわりが感じられる。200gで5,000円となっている。

(うまく撮れなかったなぁ・・・)
2006_0305200601010114.jpg

さて、この日はホワイトデーのクッキーとプレゼントの代わりに、ステーキをご馳走しようということになり、じゃあホワイトステーキだな、と(笑)。お肉は最初炭火であぶられ、その後鉄板に移される。この独自の焼き方が、余計な脂を落としながらもうまい肉汁を封印し、食べた時の香ばしさとその美味しさの秘訣となっている。六角堂よりもリーズナブルに和牛が食べられるので、おすすめですね。年に一度くらいは頑張ってステーキに喰らうのもいいものですね。

場所は、この間紹介したばかりの「リストランテ ラ・ヴィータ / La Vita」の数件隣にある。有松方面からお好み焼屋「風の街」横を泉が丘方面に坂を上っていく途中にあります。ちょうどニュー三久の向かい辺りです。

2006_0305200601010113.jpg

ステーキハウス七兵衛
住所:石川県金沢市泉が丘2丁目6-161



JAZZ REASON @金沢POOL 2006.03.11(Sat)

毎月第2土曜日レギュラーの「JAZZ REASON @金沢POOL」。寒い中来てくれた皆様、ほんとにありがとうございました。今回のゲストDJは、中西康将 a.k.a Yattitude、林☆貢平(HeavyWeight Young : http://www.geocities.jp/heavyweightyoung/index.html)の二人に、ボクの3人のセットでした。

貢平は、所用があり、1セットのみのプレイでしたが、ジャマイカよりの泥臭いスカをたくさんかけてくれて、個人的にも楽しかった。結構スカの盤って高いということもあって、手が出せないところもあり、こうやって人のプレイで聴けるのはありがたい。HWYの輩は、みんな買ってるね、しかも結構高いのも。

さて、やっちの方も、毎回楽しみにしているんだけど、ジャズリのゲストDJの中でも飛びぬけて面白いセレクトをするんだよね。意外なところの選曲するし、幅も広いし、センスあるし。何せ好きな音楽の幅が広いから、全然ジャンルに捕らわれてないし、DJより全然DJらしいというか、オレ的にはラウンジDJとしては、金沢で3本指に数えたいと思っているくらいだ。聴いたことない人は、次回是非。

2006_0312200601010131.jpg

そんなわけで、今回のジャズリでしたが、ゲストの中西康将オススメのディスクは「Paolo Fedreghini & Marco Bianchi / Several Additionals Waves」でした。CDは、今年の2月24日リリースだったようですが、この間ミラノ行った時に、パウロの友達に奨められて購入したそうです。いいな~、ミラノ。では。

20060312211854.jpg



Schedule

■3/26(Sun) 19:00-19:55

Radio de VALETUDO !! @ FM TOYAMA 82.7
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh di Marco


■4/1(Sat) 24:00-24:55

Old Mellow Days @ FM TOYAMA 82.7
DJ:
Hiroaki Imakoshi
Enjoh di Marco


■4/8(Sat) 21:30-midnight

JAZZ REASON @ POOL
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh di Marco
Takashi Miyanishi

輪島への旅~最終章「ねぶた温泉 海游 能登の庄」

約一年に渡って続けてきた輪島への旅もとうとう最終章になってしまった。最近結構グルメネタが多いので、今回は温泉ネタでいってみよう。疲れ、ストレスを癒すには温泉が最高だ。

2006_0310200601010121.jpg

で、最後のたびの思い出として訪ねたのは「ねぶた温泉 海游 能登の庄(http://www.tabier.com/notonosho/)」。この近辺ではかなり高級感のあるしゃれたお宿である。ここは日帰り湯として、併設された「ねぶた温泉」に500円で入ることが出来る。

ねぶた温泉は、昔、弘法大師が能登巡錫の折、傷ついた豚(猪)が湯だまりに寝ころんで傷を癒している姿を見て、この温泉の効能を察し、入浴を奨めた事が由来なのだと風呂の中に書いてある。昔は白濁~茶褐色のお湯だったそうだが、今は循環で透明のお湯。温泉は約25度の単純泉で、PH10.5の国内屈指の高質天然アルカリ温泉だ。

nebuta.jpg

入ってみると、透明さらさらかと思いきや、相当のつるつる感がある。とろりしていて、肌をあわせるととても気持ちよいではないか。で、この系にありがちな塩辛さが全然ないので、湯疲れも全然ない。奥の露天風呂はそう広くはないが、岩一枚向こうには錦鯉が悠々と泳ぐ池があり、リラックスできる。そして何より良かったのは、真昼間から青天を眺めて温泉に浸かれたことだ。

これでしばらくご無沙汰することになると思うが、いい温泉にも出会えたし、きっとまた来るぞ、輪島。

2006_0310200601010117.jpg

駆け込みTOEIC受験 最後の従来式で3月26日

まぁ騒ぐほどのことでもないんだけど、ニュースでも取り上げられております。今年3月26日(日)に開催される定期テストを最後として、5月からは新形式にてテストが行われるということで、今のうちに慣れたテストで高得点を!とのことで、駆け込み受験が増えてきているそう。

ほんで、実はワタシクシも申し込みしてあったんだなー。すでにカード決済で支払済みだったんだけど、何と日曜日だというのに、その日にのっぴきならぬ仕事が入ってしまい、残念ながら欠場予定。公式ウェブサイトを見てみると、受験要領の一番上にこう書いてある。「1. 一度申し込まれた受験の取消し及び受験料の返金はできません。」・・・・・・。

しかし、この日に標準を当てて頑張っている人はたくさんいるだろう。14万3千人が受験するそうだ。前回は半年ほど前に受験し、今度は50点アップの560点を目標にしていたのだが、大方の予想通り、全然勉強してない(泣)

psp.jpg

そして、買った本もろくに勉強してないのに、ソニーPSPと「トークマン」という4ヶ国語をマスターできると言うゲームの購入を検討しているあたりでも、ちょっと反省かw。本を買えば、何となく勉強した気分になるという学生時代の失敗をまた繰り返すような・・・。でも、2006年5月25日、ボクの誕生日に発売される「TalkMan EURO!」は、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、日本語の6ヶ国語対応になるとのことで、やっぱり魅力だ。

本題に戻して、TOEICのテストは、その次の5月の受験を検討しようと思うんだけど、もし成績が下がったとしても、またこのブログで公開しようと思っているよ。ちょっとは恥ずかしい思いもしないと、なかなか勉強に身が入らないしね!

TALKMAN2.jpg

映画「スパニッシュ・アパートメント / L'Auberge espaghole」を観た ★★★★☆

昨年秋に観た映画「真夜中のピアニスト」(過去の記事)でのロマン・デュリスの演技が印象的だったこととは別にしても、かなり前から気になっていた映画で、ようやく観れました。共演では、「アメリ」のオドレイ・トトゥも登場しているが、あまり出番はないw。

20060305015011.jpg

温かい人と人の触れ合いや、笑いあり、涙ありで、そして軽快な展開も含めよく出来た映画だと思うし、とても好きなタイプの映画だ。主人公のフランス学生グザヴィエがいろいろあってスペインへ留学するのだが、家賃の高いスペイン事情によって、6人のルームメイトと同居することに~というのがイントロダクション。

フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、ベルギーなど、7つの国の学生が同居する中に、それぞれの文化の違いや、その国のアイデンティティー(ひいては個人のアイデンティティーにまでも迫っていると思うが)、それぞれの生活が、1室のアパートメントでぶつかり合い、影響し合い、また融和し合い。

20060305015021.jpg

グザヴィエの一人で回想したり、悩んだりするシーンと、みんなでわいわいがやがやとやるシーンが絶妙に組み合わさっていることもあって、「人はなぜ一人で生きていけないのか」という命題について、さりげなく問いかけているような気もする。しかし、大袈裟に語らず、等身大で、また軽いタッチの映画になているため、押し付けを感じさせず、それが心地よさに一役買っている。

そして、スペインの情景も素晴らしく映し出されている。街の全体、街の中、通りすぎる日常の風景が、普段着のスペイン・バルセロナをよく伝えていて、こんなに素敵な街なら絶対一生に一度は行ってみたいと思う。そんなわけで、国内3箇所で開催される「フランス映画祭2006」では、続編となる「ロシアン・ドールズ(仮題)」が公開予定なので、楽しみ☆

20060305015003.jpg

ウェブサイト http://www.foxjapan.com


魚津への旅 「ブリテリ丼」 @有磯海SC

富山勢には珍しくとも何ともないかもしれないんだけど、富山より向こうへはなかなかいく機会がなくって、魚津というと結構特別な気がするんだ。昔はよく立山の穴ん谷までお水を汲みに行ってたこともあったことも、少し思い出してた。そして、魚津での仕事を午前中に終え、とんぼ返りの途中立ち寄った「有磯海サービスエリア」。

2006_0302200601010409.jpg

午前中だけじゃ、旅じゃねーじゃんかという感じもするが、すっかり旅モードに入っていたこともあって、気が付けば駐車場に車を格納していた。照らされるライトに集まるホタルイカのように、何かに惹きつけられたように。

「有磯海」という名前からして、何だかウマそうなものが食えそうな感じがするよね(オレだけか・・・)。いろいろあった中で注文したのは「ブリテリ丼」とうどん。さらりと酒粕に漬け込まれたブリの照り焼きが三切れのっており、ご飯との間にはきざみ海苔が敷かれている。大根おろしがついているので、さっぱりいただける。

2006_0302200601010410.jpg

普段は腹が減っていても、滅多にサービスエリアで食事をとらないんだけど、なかなか美味しくてびっくり。ちょっと甘めのタレもいい感じで、大満足でした。こいつは自宅でも作れそうだよね。次回は時間があれば、魚津市内でいいお店を探索したいところです☆

2006_0302200601010411.jpg

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。