VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢藤江のとり野菜 「さぶろうべい」 うまいよ!

安くてうまい店ハンターのまるるです。寒い毎日に打ち勝つために、とり野菜は如何でしょうか、ってことで、石川県庁近くの藤江にある「味処 さぶろうべい 藤江店」のレポです。ナガイアキラも大好きだそうですw。あ、最近、人に会うたびに、「食ってるね~!」或いは「あのうどん、うまそ~」とか言われることが多いんですけど、このブログで実際そんなに食べ物系のネタって書いてないんだけど・・・。印象が強いのかな。

さて、この「とり野菜」、能登の名物だと理解しているのですが、どうなんでしょう。「まつや」のとり野菜味噌が有名だけど、さぶろうべいの秘伝醤油ダレも、う・ま・い!こちらはあまり汁がないのが特徴なんだけど、白菜とか肉の味に、まったりとしたタレが絶妙に馴染んで、良い感じなんです☆

(こんな感じで出てきて・・・)
2005_1124200511020195.jpg

(こうやっていただきます!)
2005_1124200511020196.jpg

一人前が500~700円なんだけど、二人で行くんなら例えば「豚白菜 600円」と「とり白菜 520円」を一緒の鍋に入れて楽しめる。特製醤油ダレの入った卵につけて美味しくいただいた後には、ラーメンかうどんを投入するのが基本だ。何なら、仕上げの前に、もう一つ別の白菜ものをいただいても全然いける。お肉もしっかり入っていましたよ。サイドメニューも豊富なので、呑みにはいってもOK。

ただ、いつもいっぱいなので、少々の待ち時間は覚悟して行きましょうね☆

2005_1124200511020200.jpg

味処 さぶろうべい藤江店 http://saburoubei.kahoku.net

TEL.076-266-1555
金沢市藤江北4丁目472
営業時間:平日 11:00~14:30 17:00~23:00
土・日・祝日 11:00~23:00
休:火曜日(祝日は営業)
■座席
1F 60席
2F 30~35席(座敷の間)
■駐車場/35台(第2駐車場あり)
スポンサーサイト

ドッグカフェ「cafe de bow」に行ってきた

coco1.jpg

金沢にもドッグカフェが新しくオープンしてますね。この間、生後4ヶ月ほどになるトイプードルの「cocoちゃん」と一緒に、初ドッグカフェしてきました。場所は金沢西インター近くの新保町で、マリアージュ玉姫殿か新金沢郵便局の近くと言ったほうがわかりやすいか。「cafe de bow」じゃなくて「café de bow」が正しいんかな。

20060123204257.jpg

週末は、とても閑静なところで、店の裏にはドッグランもあります。この季節、ちょっと寒いのですが、春先や天気の良い日などに、テラスで日向ぼっこをしながら、愛犬を眺めてみるのも絶対にいいはずだ。ってゆーか、したい。ビールとかあれば、真夏でも全然ありです、はい。

休日でも、混雑までいかない感じで、ぼちぼち他のワンコとアイサインを送りあう程度だからちょうど良い。さて、カット前の、もさもさcocoちゃんもかわいいので、おまけにどぞ。では。

coco3.jpg

地図↓(金沢ペットビジネス学院横です)
http://www.e-bow.jp/gakuin/image/kanazawa_map.gif


釣堀で中国語が無料で習える

2005_1103200511020037.jpg

以前紹介したこともあるが、三軒茶屋駅の裏手に釣堀がある。昨日の木曜日は、中国語が習える日でした。支払いは釣堀代だけで、中国語を習うのは無料。「ニイハオ」と言うのが合言葉らしい。写真を↓クリック↓すると張り紙が読めると思うので、見てみてください。

2005_1103200511020038.jpg

全国どこを探しても、釣堀で中国語講座はないんじゃないか。しかも火曜日、木曜日の週2回だし。ポスターの文字も、よく見れば中国の方が書いたものじゃないか、と勝手に決め付けてみる。・・・・・ディープだなぁ~。

さて、三宿のおでん屋で、ちょっとびびったのでオマケにどうぞ。では。

2005_1103200511020040.jpg

和食の野々市町「大戸屋」に行ってきました

全国に展開している和食の「大戸屋」に行ってきました。何だか見たことあるようなロゴなんだけど、関東方面でも結構展開されているので、きっと見たことあるんだろうなぁと思います。場所は、野々市NOAの向かいで、ちょうど漫喫(昔のオートバックスだった場所)の裏になります。近くにはミスタードーナツとか、極楽の湯がある辺りですね。

2006_0115200601010210.jpg

店舗はきれいで、決して高級ではないが、ここ北陸では結構垢抜けた内装になっている。普通にこじゃれた感じではなく、「え?結構しゃれてるじゃん!」て感じ。カフェっぽいつくりなんだけど、ちゃんとテーブルとかが食事対応型で、すこし大きめでどっしりしているところも好感度大かな。昭和33年創業で、東京の駅前を中心に「50円食堂」として親しまれてきたお店だそう。

全体的に定食でも600円後半から800円後半くらいで、かなり安いと感じる。で、結構おいしい。ボクは「天然白甘鯛の炭火焼定食 / 850円」にご飯をオプションでひじきご飯にアップグレード(+50円)と「黒酢と月見とろろの納豆 / 250円?」をオーダー。写真の感じよりも、ずっと実物は大きいです。

2006_0115200601010212.jpg

天然の白鯛は、特別メニューでしたが、身もしっかりあって美味しかったですよ。まぁ輪島で食する鯛の味噌漬け焼きにはさすがにかなわないけど、ホントにこの値段でいいんですか?ってくらいの満足度はある。ゆーか、うまい。ひじきご飯は、微妙にシソ味で、美味しい。納豆セットも面白い。おすすめです。「チキンかあさん煮定食」もうまかったですよ。旨くて安いから、またいこっと。

ウェブサイト http://www.ootoya.com

2006.01.14(Sat) 定例 JAZZ REASON @金沢POOL

先週の土曜日は、毎月恒例の「JAZZ REASON @ POOL」でした。DJは、emi(Heavy Weight Young)とナガイアキラとボクでした。トール社長は、名古屋出張から深夜に金沢着で、手ぶらにてPOOLへ。何とか新年会の形になりました。他のメンバーは、出陣前に金沢チームでしゃぶしゃぶを食べに行き、腹いっぱいで幸せ気分~でしたYO!

2006_0115200601010192.jpg

お客様の入りはまずまず、ほぼ満席といった感じで、足元の悪い日でしたが安心しました。この日は、我らがファミリーはほぼ集合。マイメン・エブリデイレコード堂井さんは、一人目のお客さんで来てくれたにもかかわらず、結構遅くまでいてくれました。雨の中、来てくれたみなさん、ありがとうございました☆

emiは、新機軸というか、CLUB JAZZの枠組みを超えて、世界中の音楽をプレイ。ジプシーなど、面白い音をかけてました。またレコードを掘るのが面白くなってきたということで、今後の動きが楽しみです。アキラは、意外にもSOULをしっかりとプレイしてたりして、彼のヴォーカリストとしてのキャリアを考えても、むしろそっちの方が自然な感じもしました。それぞれの歩んできた音楽の道があって、3人の交差点が今日この日だと思ってそれぞれのDJの選曲を楽しむのも一つなのかな。

2006_0115200601010206.jpg

さて、今年もはじまった「JAZZ REASON @ POOL」ですが、今年で5年目。いやはや長いものです。

2/11(Sat) JAZZ REASON @ POOL
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh
Takanori Nakata

3/11(Sat) JAZZ REASON @ POOL
DJ:
Enjoh
林☆貢平
Yasumasa Nakanishi

2006_0115200601010196.jpg

↑3月担当Yattitudeです↑

映画「ヴェニスの商人 / The Merchant of Venice」@シネモンド

こちら北陸ではなかなか公開されずにいた「ヴェニスの商人」ですが、ようやくシネモンドにて上映となったので、早速行ってきた。もともとアル・パチーノの大ファンだし、シェイクスピアが残した37の戯曲のうち最も人気の高い作品の映画化ということもあり、随分前からこの映画を楽しみにしてたのだ。

スクリーンには、水の都「ヴェニス」の美しい街並みが威厳を持って映し出され、やはりこの映画は銀幕で観ておきたい作品だと改めて感じましたね。ヴェニスの商人といえば、シェイクスピア作品の中でも勧善懲悪のストーリー設定でわかりやすい作品のひとつ。悪役シャイロックがこらしめられる痛快な喜劇として、これまで世界中で芝居などを通じて、演じられてきました。

venice1.jpg

しかし今回の映画化にあたって、悪役シャイロックにはマイメン「アル・パチーノ」が。脚本も単なる悪役という設定ではなく、宗教の狭間に苦悩した受難者として描かれ、そしてみごとにそれを演じきっている。キリスト教信者によって迫害されたユダヤの人々の姿、高利貸しシャイロックとしての孤独な人物像。観ればみるほど、胸を苦しませられずにはいられない。

何年か前まで劇団四季のミュージカルでも、同様の設定で脚本が書かれたのが非常に話題になり、シェイクスピア解釈も年代とともに変わるのかなと考えていました。私見ですが、名作は様々な脚本があってこそ、何度も楽しめて面白いと思っているので、まだまだ面白い脚本が出てくることを願っています。シネモンドでは、1月20日までの上映なので、興味のある方は、早めにどうぞ。

20060112132315.jpg

オフィシャルウェブサイト http://www.venice-shonin.net
シネモンド http://www.cine-monde.com

バンド「六本木」のライブ @金沢もっきりや

1月9日(月祝)の夜、ライブに誘われて遊びに行ってきました。場所は金沢片町にあるJAZZ通には馴染みのお店「もっきりや」。事情があって少し遅れて到着したんだけど、すでにオープニングアクトの「ミハルカス」が始まってた。この間のイベントでもナイスなライブを披露してくれたばかりでしたが、今回も「思わず目を閉じてしまう系」のしっとりとしたJAZZYなライブがさすがでよかったです。

MIHARUKASU0109.jpg

さて、今回のメインは「六本木」のライブ。実はこのライブのチケット、一人前売りで3,000円する。「六本木」がどんなジャンルで、どんな人たちかも全然知らなくて、ただ付き合いみたいなところもあって行ってきたんですけど、十分元とってきました(笑) ミハルカスをみたら、ビールちょっと飲んで、さっさと帰ろうくらいのテンションでしたが、「おいおい、このバンド最高じゃん!」って感じで、「ビール、ビール、おーい大瓶で」くらいにテンションはあがりまくり。

このライブでは、ピアノ、ベース、ドラム、サックスのカルテット構成で、コルトレーンの「NAIMA」や、チャーリー・パーカー「CHI-CHI」などをプレイ。他にはファラオとか、サックスもブロウしまくりの2時間以上に渡る熱いプレイでした。

20060111001246.jpg

と言いながらも、「THE ROOTS」をもっとブルージーにしたような、そう、初期の「SOULIVE」のようなHIPHOPテイストとか、ドイツのアブストラクトジャズHIPHOPの危ない感じとか、そんなディープなアレンジがあったり、最近のRicky-tick関係の「The Five Corners Quintet」「Jukka Eskola」「Timo Lassy」などなどを感じさせるものまで、めちゃくちゃかっこよく決まってて、”演奏だけをとっても”とても楽しめたライブでした。特にボクは昔から雑食性が高いDJでもあるので、そういう面でも刺激があって、めちゃめちゃ面白かったです。一緒に観てた「Luvtheque」のコースケ氏とも、こいつぁヤバイねって、感じで話してて。

で、演奏以外にも面白かったわけですよ。リーダーの富樫春生氏のしゃべりが。もう2セット目はずっと腹抱えて笑いっぱなしで、もう「BLUE NOTE」と「吉本新喜劇」が一緒に楽しめてお得です、くらいの(笑) 

ボク的には、「六本木」のCDを買うことはないかもしれない。でも明日またライブをやるんなら、絶対に見に行くと思う。そういうバンドがあって全然アリだと思うし、そんなバンドに出会えて一音楽ファンとしてとてもうれしい気持ちです。また金沢でやる時は、みなさんも是非。

今回のイベントのウェブサイト http://mystar-nw.com/
富樫春生の世界 http://www.hal-oh.com/

P.S. 富樫氏は、かの吉田美奈子とのプレイしてたり結構有名な方だったりすることや、メンバーの面々もセッションプレイヤーとしての実績が豊富だったりと話題はいろいろあるものの、そんな話題どうでもいいやと思うほど内容が良かったので、あえて本文では触れませんでした。URLを書いておいたので、いろいろどうぞ。

仕事始めと繁盛祈願

今日から仕事始めで、会社の商売繁盛を願って、最寄の神社に祈願してきました。長いお参りの間の正座は毎年かなりの苦痛が伴うんだけど、太鼓や笛や神主さんのお話しなどを聞いていると気合が入るというか、正月ボケから仕事モードにスイッチが入るって感じで、個人的には欠かせない行事になっています。

さて、そんな中で神主さんがお話しされてたのは、正月はほんとに良い天気だったので、今年は明るい年になるような気がしますということだった。今日は午前中から大変な吹雪になったこともあったからこそ、お正月の良い天気がとても印象的かもしれない。とにかく、公私共々、皆々様にとっても明るい1年になることを祈っています。

来週新年会もまだ2回予定している中だけど、正月気分もそこそこにしていこうということで。最後にマイルームの正月飾りをどーぞ。最近は注連飾り(しめかざり)もリース調のものも多くて、正月も洋風化してきましたね。では。

2006_0105200601010171.jpg


新年会 @メロウ亭

昨日はメロウ亭で富山チームとの新年会があり、参加してきました。メロウ亭の鍋は久しぶりでしたが、相変わらず「まつやの鳥野菜味噌」で余計に懐かしい日々を思い出させます。この鳥野菜味噌効果もあり、昔話や、最近の苦労話などなど話しは尽きませんでした。

それから、SP-Kの新スタジオ「BOOGIE DOWN」の話題も。富山きってのDANCE KINGで全国的にも活動の幅を広げている彼ですが、音楽とダンスにかける情熱とか、スタジオ立ち上げへの思いなんかを聞くと、頭が下がるばかりです。キッズ向けのレッスンも好評とのこと。大人も子供も一度はのぞいてみては!

20060104171608.jpg

ウェブサイト http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=boogiedn
レッスン風景など http://spaces.msn.com/members/studio-boogiedown/

さて、14日(土)には、2006年最初の「JAZZ REASON @ POOL」です。この日は、出陣前に金沢チームで新年会にしゃぶしゃぶへ行く予定で楽しみ。そして2次会はそのままPOOLへ。そんなわけで、今年の「JAZZ REASON」、そして「VALETUDO」など、いろいろとよろしくお願いしますね。

1/14(Sat) JAZZ REASON @ POOL
DJ:
Enjoh
emi(Heavy Weight Young)
ナガイアキラ

2/11(Sat) JAZZ REASON @ POOL
DJ:
TORU a.k.a. mr.mellow
Enjoh
Takanori Nakata

2006年元旦 明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。2006年を向かえ、今年も皆様の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。さて、元旦ということで毎年恒例の「白山比神社」に初詣に行ってきました。が!長蛇の列で大渋滞。列の最後尾に並んだのが2時半頃だったか。車中で「良い天気で最高の初詣だねぇ」なんて言ってたんだけど、渋滞のため神社に着いたのは5時過ぎ。おいおい、もう夜じゃん。

2006_0101200601010162.jpg

でも、毎年白山さんに参っていて、これまで自分にとっては相応の御利益(ごりやく)があったと思うので、多少の時間はかかっても必ず参らねばならないみたいなものがある。昨年、音楽面ではレギュラー中心にこなしたって感じだけど、それなりに他にも仕事あったし、「Radio de VALETUDO!!」「JAZZREASON」は2001年に始まって、2005年も続けることが出来た。本業の方も、今年は軌道に乗せるための正念場とも言える時期。だから白山さんには、今年も大いに期待しているのだ。

そんなわけで、今年も充実した毎日を楽しみながら、オキラクにやっていこうと思っていますので、みなさんよろしくお願いいたします。

Top

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。