VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radio de VALETUDO!! 2008.4.20 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も「Radio de VALETUDO!!」を聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。次は5月18日(日)18:00~18:55のオンエアです。

■ 今月のピックアップ

Falling / 羊毛とおはな

4月20日のこのオンエアの直前まで満員盛況で幕を閉じた「Valetudo!! at もっきりや」で感動のステージをみせてくれた「羊毛とおはな」の二人。この曲は2枚目のフルアルバムとなる「こんにちは」から、Corinne Bailey Raeが曲を書き、冨田ラボのプロデュースとしても話題となった1曲を聴いてもらいました。永遠に刻み続ける普遍のメロディにうっとり。

daklrtcd-21908y08アc


■ 前半 selected by Masayoshi Enjoh 

I don't wanna stop (Marc Mac remix) / The Bamboos
Real / Boozoo Bajou
Don't it drive you crazy / Pointer Sisters
GA peach / Anthony David
Runnin' / Visioneers
Easy / Faith No More

オーストラリアのジャズファンクバンドとして知られる「The Bamboos」のシングルですが、4HeroのMarc Macがメロウソウルへとミックスしてまるでクラシックソウルのような趣に。最近でもヘビロです。「Don't it drive you crazy / Pointer Sisters」は日産TIIDAのCMソングとして多くの人がはっと振り向く1曲となりました。70'sソウルとは思えない、まるで最近のJazzanova関連というか、クラブジャズというかコズミックソウルってテイストで聴いてみると改めてかっこいい1曲です。

さて、そろそろ夏に向かって気持ちよさそうなアコースティックソウルの「Anthony David」を紹介。ソウル、フォーク、サーフ、レゲエのクロスオーバー的な楽曲が気持ち良いのでアルバムもおすすめです。前半最後には、ライオネル・リッチー先生のオリジナルも最高な「Easy / Faith No More」を。この曲、PVの方もかなりかっこいいのでYoutubeでも見てみては。

david_antho_3chordsth_101b.jpg


■ 後半 mixed by TORU a.k.a mr.mellow

Garden of love / The Sunburst Band
ポリリズム / Perfume
Butterfly / Perfume
シークレット シークレット / Perfume
Baby crusing love (mash up mix) / Perfume

後半は、この番組始まって以来の特定アーティストオンリーということで、ディレクターも困惑というか"もうどうにでもしろ"状態でした・・・笑。いろんなところで話題のPerfume特集ってことで、最近ファンクラブにも入ったらしいTORUの力の入ったmixと、これまででも一番熱のこもったアーティスト紹介の後半で、さすがの私もどのように反応すればよいかわかりません・・・汗。

しかしPerfumeのどの曲とっても音の良さがとにかく気になる。抜けのよさだけじゃなくてポリリズムとかのビートの質感って結構絶妙なのよね。後半最後には「We got the love / Touch of soul」とのトールオリジナルマッシュアップでフィニッシュ。ネット上でも結構いろんなパフュームマッシュが聞けるらしいです。

perfume98y98wpchw.jpg



スポンサーサイト

[Radio de VALETUDO!!] 2008.3.16 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も「Radio de VALETUDO!!」を聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。たまっていたオンエアリストをアップです。次は4月20日(日)18:00~18:55のオンエアです。

■ 今月のピックアップ

Fire on the mountain / Asa

iTune music storeにて、無料ダウンロードで話題になっていたアーシャですが、パリ発ナイジェリア経由の新進アフロ・フォークっていうありそうでなかった感じ。Erykah Badu+Fela Kuti+Aretha Franklinと評価されてるらしいが、それもなるほどのテイスト。

asa 43298yraof


■ 前半 selected by TORU a.k.a mr.mellow

High and dry / Pete Kuzma + Bilal
影の唄 / キリンジ
Napule E / Eddie Roberts
Music in my mind part.Ⅱ / Jazz Liberatorz
You are so beautiful / Bottom Fly

7インチも巷では高値で取引されていると言う「Pete Kuzma + Bilal」。ダウンテンポブレイクビーツから一転し、後半はウッドベースが渋いドジャズになる展開がかなりキマス。そしてキリンジからは、いつもと違ったジャジーなナンバーを。こういうのもやるんですね。

その昔、Gangstarr、A Tribe Called Questが世に出てきたとき、Jazz HipHopというキーワードが生まれ、その言葉が良いのか悪いのかは別にして、とにかく彼らがかっこよかったものだからそんなキーワードに引っかかるアーティストを軒並みDIGっていった記憶がある。Jazz Liberatorzはまさに今のJazz HipHopの代名詞みたいなところか。前半の最後Bottom Flyは、レアグルーヴクラシック「Charles Wright & The Watts 103rd Street Band / You're so beautiful」の口笛メロディーをループさせた、心温まるメロウ・インスト・ブレイクビーツでかっこよし。

e0291DODECAGON.jpg


■ 後半 mixed by Masayoshi Enjoh

Feedback (remix) / JanetJackson feat. ciara
Party all night / Pink
Stylus rise / Diesler
Naima / 4hero
Skindo-le-le (Gerardo Frisina remix) / 阿川泰子

長年在籍していたVirginから、ダーリンJermaine DupriのDef Jamへ移籍してのリリースとなる本作。2008年2月20日に発売のNEWアルバム「Discipline」からの1stカットとなります。ブリっとファンキーなグルーヴがあって個人的に随分好きな1曲。続けて「All night / Damian Marley 」のトラックに「Get the party started / Pink」のマッシュ・アップ。7インチオンリーの楽しいパーリーブレイクです。

John Coltraneのnaimaを4heroのカバーで。ぴりっとした緊張感のあるジャズドラムブレイクをサンプリング?してるのですが、以前そのオリジナルをナカタタカノリくんがmixに入れてたのを思い出す。どこに売っているんでしょうか、この曲。クロスオーヴァージャズのカテゴリーでは、個人的にベスト10確実の1曲です。最後は阿川先生のクラシックをGerardo Frisinaのリミックスで聞いてもらいました。彼女の名曲を現代のクラブジャズな人たちがリミックスした作品集「RE-MODE - CLUB JAZZ DIGS YASUKO AGAWA」からのカットで、無難にいいかんじでおすすめ。

janetfeedbackhdwofhe98fwe.jpg


「Radio de VALETUDO!!」 2008.2.17 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も「Radio de VALETUDO!!」を聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。たまっていたオンエアリストをアップです。4月のオンエアももうすぐそこです・・・

■ 今月のピックアップ

サヨナラ color / Super Batter Dog

「いいとも出演」を記念してセレクト。ハナレグミ・永積タカシが大好きな人なら絶対フォーエヴァーな名曲。忌野清志郎もからんだライブバージョンも好きだなぁ。小泉今日子のカバーが好きな人も多いかも。

133ee797-88ef-4c2b-abc0-5ffb08ec1fdf_BIG.jpg


■ 前半 selected by Masayoshi Enjoh

Kiss of life / Margot B
Cradle / Orange Pekoe
Remind me / Monday満ちる
Am I the same girl / Dusty Springfield
Twisted in the moonset / Tonda Trio
情熱~千歳烏山テイク / UA

前半を気持ちよくスタートさせてくれた「Kiss of life / Margot B」は、もちろんsadeのカバー。オーガニックで素直なカバーになってておすすめです。そして昨年リリースされたマンデイのアルバムからPutrice Rushenの名曲カバー。打ち込みだけど、ソウルな温かみもあっていいです。

最後には、久々の情熱の別録バージョンを聞いてもらいました。ジャズな雰囲気なので菊池先生とのコラボの影響もあるのかも。

MONDAYMICHIRU-MyEverChangingMoodssm.jpg


■ 後半 mixed by TORU a.k.a mr.mellow

Hungover / Betty Boo
Day dreaming / Penny Ford
マカロニ (mash up) / Perfume
Don't wanna fall in love / Jane Child
Is it good to you / Tammy Lucas

甘酸っぱい思い出が広がる「Hungover / Betty Boo」でスタートした後半。これまた懐かしのPenny Fordにはディレクターの大西さんも反応。そして最近トールがDJする時には必ずかけるperfumeは、特製マッシュアップで。zhaneのHey Mr.DJのアカペラを使って奇跡な仕上がり。

最後の2曲は、永遠なNew Jack Swingで。僕にとってもこの2曲は魂のレコードといっても過言じゃないな。Tammyを収録したJUICEは、受験で上京した時に渋谷のタワーで買った1枚。嗚呼。

perfume-TKCA-73250.jpg



「Radio de VALETUDO!!」 2008.1.20 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。先月のオンエアリストをアップです。

■ 今月のピックアップ

Sunday sun / Calm feat. 中納良恵

「Shadow of the Earth」から始まり、KF、JAPANESE SYNCHRO SYSTEMといった変名プロジェクトを経て、CLAM名義では10年ぶりとなるアルバム「Blue Planet」。中納良恵をフューチャーしたこの曲がわかりやすくていいかも。

calm blue planet 98hpfanofwef


■ 前半 selected by TORU a.k.a mr.mellow

Prince of peace / Pharoah Sanders
Ooh! this feeling / The Jazz Defektors
The moonbounce / Koop
Joyful world / Orange Pekoe
The southern cross / Sleep Waker

永遠の牧歌グルーヴ「Prince of peace / Pharoah Sanders」で幕を開けた前半。ほんとファラオのsaxって独特で、自然と体を揺らされてしまう。そして1987年作の「The Jazz Defektors」ですが、ポール・ウェラー先生がエンジニアをしたってことでも知られてるクラブジャズクラシック。

そのままkoopへ行く流れは、toru定番か。そして先日の金沢ライブも最高だったペコーへ。ブランユーアルバム「wild flowers」からのセレクト。ジャズ~ブラジル中心だったこれまでのスタイルを少し変えて、世界中の音楽のエッセンスをちりばめたアルバムの方もオススメです。

Prince of peace Pharoah Sanders


■ 後半 selected by Masayoshi Enjoh

She said what? / The Quantic Soul Orchestra feat. J-Live
3 MC's and 1 samba / Three Good Rules
3 GR''s teaching materials / Three Good Rules
Boosy (remix) / Kelis feat. Too Short
Poison / Bell Biv Devoe

昨年後半にリリースされたアルバム「Tropidelico」からシングルカットとなった「She said what?」ですが、生salsaトラックにJ-Liveの渋いRapがのっかって、なかなかかっこいいです。それから最近何かと話題の日本のトラックメイカー「Three Good Rules」の12"、7"から1曲ずつ。3MC's~は、GEORGIE FAMEのEso Besoに、ビースティーのrapをマッシュアップしたシロモノ。

kelisは、久々のToo Shortとの1発。最後はもっと久々なトラック「Poison / Bell Biv Devoe」。高校の頃、よく聞き、踊った思い出の曲でもある。とてもじゃないけど、今ハコではかけられないが、New Jack Swingは永遠だなぁ。

quantic soul orchestra 08hy8ea tropidelic


「Radio de VALETUDO!!」 2007.12.23 (Sun) 18:00-18:55 ON AIR

今回も聴いてくれたリスナーの皆さん、ありがとうございました。毎年12月は1年を振り返ってのベストトラックを厳選してチョイスしています。今年は日本勢がほんとによかった1年でした。

Radio de VALE TUDO
 FM TOYAMA 82.7
  2007.12.23 Sunday evening 18:00-18:55 ON AIR

■ 今月のピックアップ

Winter Wonderland / akiko

富山でのライブも毎回好評のakikoですが、小西康陽プロデュース2作目となるクリスマスアルバム「a white album」もなかなかよくてシーズンにはお世話になった人も多いはず。The Ska Flamesの演奏もばっちりで、アルバム中異色ですが、飛びぬけていいですね。ジャズ、ジャンプ&ジャイヴ、ドラムンベース、スカにブレイク・ビーツと多彩な曲たちがうれしい1枚です。

31fRy-GMl6L__SS500_.jpg


■ 前半 selected by Masayoshi Enjoh

Time is love / Quasimode
Smooth operator / 青木カレン
Ariane / Jimi Tenor & Kabukabu
笑う月 / 中山うり
Sentimental Journey / 扇谷一穂
Tell me 'bout it (Yam Who? club reworks) / Joss Stone

Quasimodeのアルバム「The land of freedom」からは、先月もオンエアした「object in the mirror」にもお世話になりましたが、どちらも伝説なジャズシンガー「Carmen Lundy」をフューチャーしていてうまくクラブジャズとモーダルな路線との融合がなされていたように思います。かなりよかったですね。

また、先月紹介したSadeのカヴァー「smooth operator」の青木カレンを紹介。彼女のアルバムではNirvanaのカヴァーなども面白かったですね。声も大人っぽくて素敵です。それから中山うりは、個人的にかなり上位のランクインで、アコーディオンの弾き語りが素敵なシンガーソングライターで、今後要注目です。音的にもジプシースウィング、ミュゼット、タンゴって今までにちょっとなかった感じでいいですね。

ここFM TOYAMAでもパワープレイになってた扇谷一穂もオリジナリティがあって好きなアーティストでした。2作目のフルアルバムも出たばかりなので、今年は各地でライブが見られることでしょう。僕もどこかで観ようと計画中です。前半の最後は、トニーズのラファエル・サディークのプロデュースで斬新な作品をリリースしたJoss Stoneのシングルから、Yam Who?のリワークを。オリジナルとはかなり雰囲気はDeep house~ガラージュな感じで、ダンストラックではボクの2007年度No.1です。

thelandoffreedom_400x400.jpg


■ 後半 selected by TORU a.k.a mr.mellow

The way it is / Donavon Frankenreiter
淡々と煌々 / The Corona
Morning child / 4 Hero
今夜はブギーバック2007 / Hello Works

2度目の富山公演が記憶に深いドノバンからの1曲です。ここ数年のサーフミュージックブームの影響か、アコースティックなものの充実、音楽を通してのリラグゼーションというライフスタイルの中での音楽の位置づけが変化して来ているようにも思います。それからスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでのライブが好評だったThe Corona。Latin Jazz Bandだけども、クラブ世代の人達らしい音が新鮮でした。

アコースティックな音使いやソウルっぽいものに最近はいいものが多いと思うし、それは数年の傾向でもあるけど、4heroもまたまたやってくれました。過去にもLes Flue、Wishful Thinkingなどの極上メロウソウルをリリースしてきた彼等ですが、今回もハートにドキューンと響く名曲を放ってくれました。トールもボクも、車でヘビロだった1曲です。

そして、後半の最後はスチャダラパーとスライマングースがコラボレイトしたユニットHello worksから今夜はブギーバック2007を。当時一世を風靡し、ラップが市民権を得た名曲でもありました。ヴォーカルには小沢健二にかわってハナレグミをフューチャーってことで、これは見逃せないでしょ!僕もアルバムリリース日にCD買いに行きました(笑) アルバムは全体的にロックテイストもありますが、新しいHIPHOPの形が提示されてて面白いですよ。

B000KGGHNS morningchild 4hero


■Ending

おまもりのうた(Band version) / 羊毛とおはな

12月15日の金沢でのvaletudo!!でもライブを披露してくれた「羊毛とおはな」。2007年一番お世話になった人達と言っても過言ではないと思います。イベント後会う人、会う人、みんなあのライブよかったね~と振り返る素晴らしいライブでした。当日イベント前に撮ったPVがYoutubeでも観られるようになっているので、是非どうぞ。そして1月リリースするニューアルバム「こんにちは。」から、新録の「おまもりのうた」をバンドバージョンで聴いてもらいました。リリース前のプロモってことで僕たちからの最高のクリスマスプレゼントになったことと思います!

LRTCD-021B羊毛とおはな こんにちは


羊毛とおはな オフィシャルウェブサイト
http://www.youmoutoohana.com/

Top|Next »

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。