VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場

HP「www.nlp-valetudo.com」、FM TOYAMA 82.7「Radio de VALETUDO !!」、lounge「JAZZ REASON」の裏番組的ブログ。「音楽は道楽だ」をテーマに、オキラクに綴るコメント♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ザ・マジックアワー」みてきた★★★★★

例えば舞台とか、吉本とか、そんなところで大笑いすることはあっても、映画館でゲラゲラ笑うことってそうもあることじゃない。今回も三谷マジック炸裂で、前回の有頂天ホテル同様に終始館内が明るい笑いで包まれ、何だか昭和のよき時代にタイムスリップしたような感覚があった。

328680_01_01_02magichour8y0haq.jpg

三谷幸喜作品はどれも本当に好きだ。一貫した温かい空気感が心地よいし、自然に笑いがあり、何回観てもいける。ザ・マジックアワーも5回はいける。佐藤浩一がとにかくいい。ストーリー設定がナイスアイディアなんだけど、佐藤浩一がそれをうまく実現したところがこの映画のキーポイントかな。つか、デラ富樫って名前が(笑)

cdwnhoey08wqeyfdma.jpg

黒川役の寺島進もナイス。唐沢寿明もチラリ(笑) 肩の力を抜いて、観にいくのがいいかも。あまり多言はしてないけど、密かにファンな深津絵里と綾瀬はるかが出ていたことはちょっとした自分へのおまけ。最後も爽快に終わり、家路に。是非銀幕でどうぞ。

~誰の人生にも輝く瞬間はある

magic_1yt79t9.jpg

ザ・マジックアワー
監督・脚本: 三谷幸喜
キャスト
佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、寺島進、西田敏行など
http://www.magic-hour.jp/index.html



スポンサーサイト

クローバーフィールドを観てきた

まず「クローバーフィールド hakaisha」っていうタイトル。さすがにhakaishaはないっしょ。で、映画のオフィシャルウェブサイトにも、劇場ウェブサイトにも、至るところにとにかく「気持ち悪くなるかもしれないから気をつけて」みたいな注意書きに溢れたこの映画の第一印象って何?

photo150606ncodwbcw9hfa.jpg

でも、結論から言うと、なかなかの出来。終始、縦横無尽に揺れまくるハンディカメラの映像は聴衆を車酔いの渦に巻き込んで、上映中もギブアップ組が続出。乗り物酔いに滅法弱い自分は、そんな中でのけぞったり、背筋を伸ばしてみたり、薄目で観てみたりとあの手この手で応戦・・・。何とか最後までシートに生き残った。

k1542723016fvuyfdctd.jpg

つか本題ですが、最初のベッドサイドのシーンがまず秀逸。多くの人が経験したであろう朝の会話やそのシーンにそのままぐっと映画に入りこんでしまって、そのままストーリーは進んでいくという仕掛けになっていて、そういう細かいところの掴みもうまい。終始画面は揺れるが、その分ずっとリアリティは持続する。そして結末は相当リアル。このシーンでこの言葉が選べるか、胸にぐさっと突き刺さるシーンだ。ちなみに、例のアレの正体ですが、僕はザリガニだと思います。

cloverfield876t987tfuy.jpg

クローバーフィールド・オフィシャルウェブサイト
http://www.04-05.jp/


環境ドキュメンタリー「不都合な真実」

ずっと前から気になっていた環境ドキュメンタリー「不都合な真実」を観たので紹介。国内では文部科学省特選作品に選定、アカデミーでも2部門を受賞。アメリカ合衆国の副大統領でもあったアル・ゴアが世界中で1000回以上も行ったと言われる環境セミナーをドキュメンタリーとして編集したものだ。地球温暖化を引き金に、世界中で起こっている変異が体系的につながったものだということがうまく整理されていて、資料としても最高のものだと思う。映像はとにかくわかりやすい。

不都合な真実gc9fgeageta

南極大陸の氷河の解けた水が駆け巡る氷河上の川と滝はその量に圧倒されるし、雪に包まれたキリマンジャロでは、今はほとんどの氷が解けてしまって茶色のキリマンジャロになっている映像などなど、急速に失われていく地球の財産が衝撃的に綴られている。地球規模で起こっている環境破壊を食い止めようと言ってもスケールアウトしていることには違いない。しかし、それであっても一人ひとりの力が必要だ。

不都合な真実ba8r0hba;

いま環境省で、国内の企業の温暖化ガス抑制政策としてすすめている地球温暖化ガス排出権取引や温室効果ガス排出量検証の事業をスタートさせることにした。今春、既に世界でも先を行っている英国からアンディさんを招き、温室効果ガス排出量検証について国内最初となる検証人コースを修了。少しでも温暖化ガス抑制に尽力できたらと思う。

オフィシャルウェブサイト
http://www.futsugou.jp/


プリズンブレイク・シーズン2~ずっこけ

今や24と肩を並べるFOXの2枚看板プリズンブレイクもシーズン2ということで、最後の22話まで行きました。とにかく誰が最後に逃げ切るのか、逆転につぐ逆転で、お~いそろそろ決着つけてくれよおって感じですが(笑) まぁ今シーズンも面白かったのには違いない。

PRISON BREAK YRPEGV@OA

ネタばれのないようにと思うと何も書けないわけだが、少し登場人物のことでも。まずは、エロい男「マイケル・スコフィールド」。一旦エロいやつだと思うと、名前もマイケル・スケコマシードに見えるから困ったもんだ。兄のリンカーン・バローズと何で名前が違うのか、説明あったっけ?

PRISON BREAK YGC8OAGWFELGQIFEG

それからシーノートことベンジャミン・フランクリン。ほんのもうちょっと刑務所で我慢してれば、こんなことにならなかったのに脱走は意味不明。まぁ悪いやつじゃないな。あと、ティーバッグは、かなりの人が「むかつく奴ベスト3」に入れるはずだが、こいつと狂犬ベリックには、誰か天罰与えてやってください。そして、マイケルとマホーンの決着は最後どうなる??タンクレディ先生とはいい仲になれるのか?? そして最後は、また椅子からずっこけるのだ・・・

PRISON BREAK 0YEG89GVS


映画「パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド」

ジョニー・デップ&オーランド・ブルームという贅沢な配役で人気を博してきたパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズも、今回で最終章。毎回グレードアップする迫力のシーンに期待して、今回も行って参りました。しっかし長い、長い、3時間です。そう言いながらも、長いなぁと感じたのは2時間を少し過ぎたころの1回だけだったから、その辺はさすがと言うべきか。

pirets2-19GUDSVCQ2G;@.jpg

いろいろと好みも別れるところだろうけど、オーリー扮するウィルは、個人的にTOO MUCH。ただ、ディズニーってことで、100歩引いておかねばならぬところかも。ジョニデ扮するジャック・スパロウは、今回も期待どおりの役回りで面白い。あの色男がここまでするかってくらいに。完結編ということでは、それなりにキリのいい終わり方ではあったけれど、まだ続きそうな予感がするなー。

101cbe894467e61bcfbe526f6eecc4fa.jpg

余談ですが、ボクが映画館に行く理由として、映画館のポップコーンが楽しみっていうのがあるんだけども、サティのポップコーン・・・・ちょっと勘弁でした。それぞれの好みもあると思うけどね。引越しした関係で、ユナイテッドシネマからサティ御経塚へとホームを移したんだけど、ちょっと遠くてもルネスまで行こっかなと思う今日でした。

あ、それとプリズンブレイクが小休止中なので、デスペラートな妻たちにはまり始めましたよ。

オフィシャルウェブサイト
http://www.disney.co.jp/pirates/


Top|Next »

HOME

まるる the JAZZREASON

  • Author:まるる the JAZZREASON
  • ようこそオキラク広場へ!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。